i n f o r m a t i o n
リンク 開催情報
玉置玲央のワークショップ2013秋【10月14日更新】

リンク 出演情報
SEMINAR セミナー【10月14日更新】

リンク DVD情報
舞台「こどもの一生」絶賛発売中【10月14日更新】

2017年09月17日

玉置玲央のヤリガイ Vol.27

お知らせです。


月イチ開催しております玉置玲央のワークショップ企画ヤリガイ。


今回は身体を使って人とコミュニケーションを図る回。


--------------------


玉置玲央のヤリガイVol.27


■参加資格

健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。

但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。

未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。

どうかご了承下さい。


■場所

都内某所

参加者の方にのみお知らせします。


■日時

2017928日(木)11:0018:00

以上1コマ7


途中からの参加、早退のご相談もお受けします。


■参加費

3,000


■定員

15名ほど


お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。


■お申し込み

kasuguy.mail@gmail.com


タイトルに

【ヤリガイ27受講】


本文に

1.お名前(フリガナ)

2.年齢

3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)

4.備考


を明記の上送信して下さい。

こちらから追って詳細を返信させて頂きます。

定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。


お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。

また、お手数ですがフリガナの明記をくれぐれもお願いします。


■内容

出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。

台詞を喋るための身体作りはもちろんなのですが、それの前段階として身体を利用した他者とのコミュニケーションを探ります。

より良く台詞をお客様や共演者に伝えるためにはどんな身体が必要なのか、一緒に考えましょう。


■レポート

過去のワークショップのレポートです。

良かったら参考までにご覧下さい。

http://fpap.jugem.jp/?eid=841


--------------------


このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。

あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。

演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。


今日も、誰かの為に演劇を。


もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。

ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。

宜しくお願いします。


玉置玲央

posted by 玉置玲央 at 23:08| Comment(0) | WS情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

玉置玲央のヤリガイ Vol.26

お知らせです。


月イチ開催しております玉置玲央のワークショップ企画ヤリガイ。


今回は身体特化回。

思うことあって、身体を沢山使います。


--------------------


玉置玲央のヤリガイVol.26


■参加資格

健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。

但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。

未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。

どうかご了承下さい。


■場所

都内某所

参加者の方にのみお知らせします。


■日時

2017831日(木)17:0022:00

以上1コマ5


途中からの参加、早退のご相談もお受けします。


■参加費

3,000


■定員

15名ほど


お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。


■お申し込み

kasuguy.mail@gmail.com


タイトルに

【ヤリガイ26受講】


本文に

1.お名前(フリガナ)

2.年齢

3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)

4.備考


を明記の上送信して下さい。

こちらから追って詳細を返信させて頂きます。

定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。


お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。

また、お手数ですがフリガナの明記をくれぐれもお願いします。


■内容

出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。

どんなに雄弁に台詞を語れても、お客様が聴いていなければ何も意味はありません。まずは目で観て、お客様の興味を惹きつける。そうして言葉を繰り出して台詞を聴いてもらう。身体一つできちんと存在する為に何が必要なんだろうということを、運動したり踊ったりしながら、皆様と一緒に探ります。


■レポート

過去のワークショップのレポートです。

良かったら参考までにご覧下さい。

http://fpap.jugem.jp/?eid=841


--------------------


このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。

あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。

演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。


今日も、誰かの為に演劇を。


もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。

ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。

宜しくお願いします。


玉置玲央

posted by 玉置玲央 at 14:18| Comment(0) | WS情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

半年くらいのこと

書き溜めていた文字を、いい加減昇華させて上げないと忍びないので、季節とかめちゃくちゃなんだけどまとめて上げます。

途中の文もあるのだけれど、気にせず読んでもらえたら。



このブログでも度々書いて来ましたが、俺にとって音楽はとても大事。


稽古場でも劇場でも、ウォーミングアップをする訳ですがその時に聴く音楽によってその日の気分が結構左右されたりする。

コンディションは変わらず、気分。

なんか気分が上がったり下がったり、どちらが良い、ということは無い。


『アップ』というプレイリストがある。

今現在の曲目は以下。


パレード/BUMP OF CHICKEN

多分、風。/サカナクション

ポークジンジャー/tricot

Why I'm MeRIZE

虚無病/amazarashi

LOSER/米津玄師

ロックンロールは鳴り止まないっ/神聖かまってちゃん

NANIMONO(feat.米津玄師)/中田ヤスタカ

8823/スピッツ

スペツナズ/岡崎体育

Omoide In My HeadNumber Girl

はあとぶれいく/ZAZEN BOYS

SECTARB-DASH

BITE/岡田太郎

M0(いまさらキスシーン)/岡田太郎

M5(いまさらキスシーン)/岡田太郎


これをヘビーローテーションするのです。

基本的には自分の中で『踊れる曲』がアップというプレイリストに入る。



桜を見ていたら、ぶわーっと脳味噌が風景を描き出したので、ああこれは面白いところに行けるかも知らんと思い立ち、記憶の旅をしようと試みた結果訪れたのは春でもなんでもなく、三御堂島ひより及び『いまさらキスシーン』の事だった。


ひよりに会いたい。

ひよりになりたい。


いまさらキスシーンの話。



これは、僕から玲央君へのラブレターです。


と、初演時の稽古の際に中屋敷法仁は言った。

今から9年前、2008年で俺は23歳だった。

当時はまぁありがたい事だなと、俳優として一人芝居を書いてもらい演出をつけてもらうなんてそんな機会もなかなか無いので、至極当然の感想を抱いたものだ。

それは今思うとであって、そこには万感の想いや最大級の感謝がキチンと込められていて、千穐楽の日は、同時上演だった七味も一緒になって打ち上げでギャーギャー騒ぎながら抱き締め合ったものだ。

幸せだ、ありがたい、まだまだ頑張らねばと、そんな想いと共に仲間を抱き締めた。


それから、何度再演を重ねたかはもう忘れてしまった。

正確には憶えているが、それをあれやこれやと穿り返すのはなんだか野暮だなぁと思い、公演が終わる度にすっぱりひよりとはお別れをするといつの間にか決めて今日まで生きてきた。

反芻もすれば反省もする。

けれども俺とひよりは他人同士なので、彼女に直接それを伝える事なく今に至っている。

三御堂島ひよりに会えるのはラブレターを書いた張本人である中屋敷法仁と、彼女が住んでいる青森県の十和田市を通る国道四号線にたまたま居合わせた、あの世界を共有しに来て下さった方々と、そしてその瞬間の俺だけだ。

その瞬間、彼女にあれやこれやと伝えている暇は無い。

近付けば生命の炉が爆ぜて飛び散る何かの、その火の粉で火傷する。

側で、見守るしかない、30分間の逢瀬。


その逢瀬と中屋敷法仁への感謝に、今、少しずつ変化が起き始めている。



2016年に催された柿喰う客フェスティバル2016で、久々にいまさらキスシーンをやる事になった。

4年振りとかだったんじゃないだろうか。

方々で公言しているが、いまさらキスシーンは自分にとってライフワークで神様が許してくれるのなら80

までやり続けたいと思っている。

中屋敷法仁は全く厄介なラブレターを書いたものだ。

愛の手紙には変わりないがその愛には何か良くない呪詛的なモノが含まれていてもはや呪いの手紙だ。


俺自身も三御堂島ひよりに会えるのが楽しみで楽しみでしょうがなかった。

今度はどんな風景を魅せてくれて、どんな所に連れて行ってくれて、どれだけ俺を悩ませ苦しめ、どれだけ俺を甘やかし癒し慈しんでくれるのか、楽しみで楽しみでしょうがなかった。


開演を告げる音楽、即ちMゼロがかかる瞬間は本当に恐ろしい。

楽屋で一人、神様に祈るしか出来ない。

泣き出したいし吐き出したいし逃げ出したい気持ちをよそに舞台は暗転状態になり、小走りに舞台中央、蓄光テープのバッテンの場見りに立つ。

岡田太郎の作った曲の、その爆音の中お客様には聴こえない音でハッと一息、息を吐く。

続け様にもう少しだけ大きな声で宜しくお願いしますと呟く。

観に来て下さったお客様と、他でもない三御堂島ひよりに。

そしてカラカラの喉を唾液で潤し、グロスを塗ったはずなのにカッサカッサの唇を舐めて、背筋を曲げて暗闇のその先の見えない何かを見つめ、音楽が終わり、明転。



と、言う。

もうそこは三御堂島ひよりの人生だ。

その一文字、一言で、もう何にも怖くないし逃げ出したくもない。

なんならもっと側で彼女を観ていたい。

触れてやりたい。

抱き締め続けて護ってあげたい。


そんな、30分間。


初演の頃から、この作品で事件を起こす、観て下さった方にとって事件になる、する、と思ってこの作品に取り組んで来たのだけど、俺がどうして三御堂島ひよりに焦がれて、側に居たくて、会いたくて堪らないのか、何の事は無い。

彼女と居ると自分に事件が起きる。

それが楽しくて幸せで嬉しくて、側に居るのだ。



何で演劇に従事するのか、少し分かった気がする。

はっきり言ってしまえば、虚構の世界に逃げ出したいからだ。

現実とかがあまりにも怖いからだ。



どうにもマメに更新出来ないな。

すいません。

頑張りまする。


絵を描くのが、愉しい。

posted by 玉置玲央 at 16:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

玉置玲央のヤリガイ Vol.25

お知らせです。


月イチ開催しております玉置玲央のワークショップ企画ヤリガイ。


今回は発声や身体についての基礎的な訓練を始め、シアターゲームやエチュードを用いて『お客様にとって信用に足る演劇、信用に足る俳優』とは何だろうかという事を探ります。


--------------------


玉置玲央のヤリガイVol.25


■参加資格

健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。

但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。

未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。

どうかご了承下さい。


■場所

都内某所

参加者の方にのみお知らせします。


■日時

2016727日(木)15:0022:00

以上1コマ7


途中からの参加、早退のご相談もお受けします。


■参加費

3,000


■定員

15名ほど


お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。


■お申し込み

kasuguy.mail@gmail.com


タイトルに

【ヤリガイ25受講】


本文に

1.お名前(フリガナ)

2.年齢

3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)

4.備考


を明記の上送信して下さい。

こちらから追って詳細を返信させて頂きます。

定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。


お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。

また、お手数ですがフリガナの明記をくれぐれもお願いします。


■内容

出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。

発声、滑舌のトレーニング、身体の基礎的な使い方、それらを踏まえたシアターゲームなど、今回は『演劇に必要なこと』を満遍なくやります。

人と出会い、コミュニケーションを図り、より良い演劇創作環境を獲得し、実力を発揮する。

『独りで演劇に取り組まない方法』を、一緒に楽しみましょう。


■レポート

過去のワークショップのレポートです。

良かったら参考までにご覧下さい。

http://fpap.jugem.jp/?eid=841


--------------------


このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。

あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。

演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。


今日も、誰かの為に演劇を。


もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。

ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。

宜しくお願いします。


玉置玲央

posted by 玉置玲央 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | WS情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

玉置玲央のヤリガイ Vol.24

お知らせです。


玉置玲央の月イチワークショップ企画ヤリガイ、2ヶ月振りの開催です。


今回は広い部屋で、頭と身体と心を駆使して。


--------------------


玉置玲央のヤリガイVol.24


■参加資格

健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。

但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。

未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。

どうかご了承下さい。


■場所

都内某所

参加者の方にのみお知らせします。


■日時

2017625日(日)17:0022:00

以上1コマ5


途中からの参加、早退のご相談もお受けします。


■参加費

3,000


■定員

15名ほど


お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。


■お申し込み

kasuguy.mail@gmail.com


タイトルに

【ヤリガイ24受講】


本文に

1.お名前(フリガナ)

2.年齢

3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)

4.備考


を明記の上送信して下さい。

こちらから追って詳細を返信させて頂きます。

定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。


お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。

また、お手数ですがフリガナの明記をくれぐれもお願いします。


■内容

出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。

今回はある2つのシアターゲームを用いて『演劇を創る』という根本に迫りたいと思います。

人と出会い、コミュニケーションを図り、より良い演劇創作環境を獲得し、実力を発揮する。

そうやって座組みの中で立ち上がっていく物語、自分の居場所を見つめる作業を、躍起になってやっていきます。


■レポート

過去のワークショップのレポートです。

良かったら参考までにご覧下さい。

http://fpap.jugem.jp/?eid=841


--------------------


このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。

あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。

演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。


今日も、誰かの為に演劇を。


もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。

ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。

宜しくお願いします。


玉置玲央

posted by 玉置玲央 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | WS情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

玉置玲央のヤリガイVol.23

お知らせです。


玉置玲央の月イチワークショップ企画ヤリガイ、今月も開催します。


今回はいつもより少人数で、集中的にみっちりと。


--------------------


玉置玲央のヤリガイVol.23


■参加資格

健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。

但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。

未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。

どうかご了承下さい。


■場所

都内某所

参加者の方にのみお知らせします。


■日時

2016410日(月)15:0022:00

以上1コマ7


途中からの参加、早退のご相談もお受けします。


■参加費

3,000


■定員

10名ほど


お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。


■お申し込み

kasuguy.mail@gmail.com


タイトルに

【ヤリガイ23受講】


本文に

1.お名前(フリガナ)

2.年齢

3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)

4.備考


を明記の上送信して下さい。

こちらから追って詳細を返信させて頂きます。

定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。


お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。

また、お手数ですがフリガナの明記をくれぐれもお願いします。


■内容

出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。

今回は身体特化回。

身体の使い方や見え方を工夫して、どうしたら見応えのある演劇が創れるのか、探ります。


■レポート

過去のワークショップのレポートです。

良かったら参考までにご覧下さい。

http://fpap.jugem.jp/?eid=841


--------------------


このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。

あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。

演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。


今日も、誰かの為に演劇を。


もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。

ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。

宜しくお願いします。


玉置玲央

posted by 玉置玲央 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | WS情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

玉置玲央のヤリガイVol.22

お知らせです。


玉置玲央の月イチワークショップ企画ヤリガイ、今月も開催します。


いつも、自分が現場で得て来たことを、皆様と共有して反芻したい。


--------------------


玉置玲央のヤリガイVol.22


■参加資格

健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。

但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。

未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。

どうかご了承下さい。


■場所

都内某所

参加者の方にのみお知らせします。


■日時

2016328日(火)15:0022:00

以上1コマ7


途中からの参加、早退のご相談もお受けします。


■参加費

3,000


■定員

15名ほど


お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。


■お申し込み

kasuguy.mail@gmail.com


タイトルに

【ヤリガイ22受講】


本文に

1.お名前(フリガナ)

2.年齢

3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)

4.備考


を明記の上送信して下さい。

こちらから追って詳細を返信させて頂きます。

定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。


お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。


■内容

出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。

それぞれが持っている演劇の価値観、想いを、持ち寄って擦り合わせて演劇が産まれる瞬間を共有します。

頭と身体と心を駆使し、演劇を『楽しむ』ことを目的とします。


■レポート

過去のワークショップのレポートです。

良かったら参考までにご覧下さい。

http://fpap.jugem.jp/?eid=841


--------------------


このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。

あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。

演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。


今日も、誰かの為に演劇を。


もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。

ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。

宜しくお願いします。


玉置玲央

posted by 玉置玲央 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | WS情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

玉置玲央のヤリガイVol.21 再びの大阪東京ツアー

お知らせです。


月イチ開催しております玉置玲央のワークショップ企画ヤリガイ。


今回は昨年の夏振りに、大阪と東京の二都市で連続開催します。

やる事は前回同様、地域によって違う演劇の意味、価値、想いを皆で共有しながら、それを元に『お客様にとって信用に足る演劇、信用に足る俳優』とは何だろうかという事を探ります。


--------------------


玉置玲央のヤリガイVol.21 再びの大阪東京ツアー


■参加資格

健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。

但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。

未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。

どうかご了承下さい。


■場所

【大阪】市内某所

【東京】都内某所

共に、参加者の方にのみお知らせします。


■日時

【大阪】201721日(水) 13:0020:00

【東京】201722日(木) 14:0021:00

以上、共に1コマ7


途中からの参加、早退のご相談もお受けします。


■参加費

【大阪・東京共通】3,000


■定員

【大阪・東京共通】15名ほど


お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。


■お申し込み

kasuguy.mail@gmail.com


上記アドレス宛てにメールを下さい。


タイトルに

【ヤリガイ21 大阪or東京 受講】


本文に

1.お名前(フリガナ)

2.年齢

3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)

4.備考


を明記の上送信して下さい。

こちらから追って詳細を返信させて頂きます。

定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。


お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。


■内容

出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。

独りにならない、独りで頑張らない、独りよがりにならないの三つを合言葉に、他者とのコミュニケーションを利用してお客様に、そして共演者に信用してもらえる俳優を目指します。

そしてその結果、誰も彼もが演劇を愛せるようになるには何が必要かを探ります。


また、個人個人の作業を達成しながら、参加者の皆様一丸となって『演劇が生まれ得る瞬間』を探します。

文字にすると小難しいですが大丈夫。

演劇はそこら中に転がっています。


■レポート

過去のワークショップのレポートです。

良かったら参考までにご覧下さい。

http://fpap.jugem.jp/?eid=841


--------------------


このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。

あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。

演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。


今日も、誰かの為に演劇を。


今、俺が伝えられる最新の感覚と感情を、お伝え出来れば幸い。


もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。

ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。

宜しくお願いします。


玉置玲央

posted by 玉置玲央 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | WS情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

虚仮威

柿喰う客『虚仮威』の公演が全て終了した。

終わらない、と思っていた時間が終わり、何とも複雑な気分だ。

終わらない演劇など無いのに。



『役とお別れをする』という時間はいつだって寂しくて堪らんのだが、柿喰う客の公演そしてその役となると、寂しさは途轍もないものとなる。

思えばこの作品、一太郎という役は、俺にとって『別れ』の役だった。


大千穐楽の一分一秒、一太郎が俺から剥がれていこうとする逃げ出そうとする旅立とうとする。

終わりだサヨナラだお疲れ様と呼び掛ける。

いやいや待ってくれあと何分でいい何秒でいい、俺と一緒に居てくれと、必死こいて抱き締めながらの大千穐楽だった。

別れとはつまり死だ。

森羅万象全てのものが向かうのは死で、一太郎は特にその死に向かっての速度があまりにも速かった。

で、それはどうしてかというと俺が、心の片隅で一太郎に早く死んでくれと願っていたからだと思う。

その癖こっちのエゴで行くなまだだと引き止めていたのだから、一太郎にとっては訳解らん事態だったろう。

ごめん一太郎。


舞台上、大正の登場人物が一人一人はけていく。

最後、親父殿とお袋様が俺を残してはけていくあの空間は、別れと死以外の何でもない。

親父殿の言う『やがてこの一族はバラバラになる』という言葉は、俺にとっては死ぬことを伝えてくれている。

真実を伝え女として生きるという俺の意志、俺の生き方は、どう足掻いても親父殿の死を回避させれない。

お前は女だと言ってくれた親父殿は、愛して止まないあの親父殿は、俺を置いて先に死ぬのだ。

圧倒的別れが、虚仮威には漂っている。

だからこそ、あの一族の末裔が現代を生き、そして『女になる』ことを選択した所以なんだと思う。

彼女が実際、どこまで女なのかは解らない。

でも、孕み産むことを獲得しようするその姿は美しい筈で、つまり圧倒的死があれば圧倒的生が滲み出る筈なんだよ。

『別れる』ということは『生きる』ということ。


生命を営むということが、虚仮威と一太郎の全てでした。



稽古を含めると2ヶ月くらい、一太郎と一緒に過ごしたのだけど、俺も最初は一太郎が女だということは知らなかったお客様方と一緒だ。

女だと解った瞬間から、まず何より精一杯考えたのは、どうやったら生理が来るかということだ何を言っとるんだ俺は。

生物学上ね、生理は来ません俺は男だから。

でもこれは演劇なので、目に見えないものをみせなくてはならないので、とにかく血を、見せることを躍起になってやっていました。


柿喰う客の舞台で女役を仰せつかるということ。


三重か仙台か東京か忘れたが、終演後に中屋敷が言うのです。

やっぱり玲央君は女役だよ。

と。


柿喰う客が劇団化する前、今から10年くらい前かな?『とりあえずナマで!』という企画公演で初めて俺は女役を仰せつかった。

ある架空の国の女王役。

最後は毒物呑んで憤死するのだけど。


そこから『サバンナの掟』の純江。

産むこと、母なる存在になること、世界平和に憧れる女子高生。

最後は頭撃ち抜かれて死ぬのだけど。


『いまさらキスシーン』の三御堂島ひより。

生命を疾る女子高生。

彼女の生死は定かじゃない。


上げたらキリがないけど、都度都度、中屋敷は俺に女役を与えてくれる。

きっと、凄く大切なことなんだと思うそれって自分で言っちゃうけど。

虚構性の極み、性別を超えることを許される世界それが演劇、それが柿喰う客。



この記事を更新したら、俺は一太郎とちゃんとお別れします。

月並みですが、彼女と過ごした日々は忘れません。


もう、何も無い。


さようなら。

posted by 玉置玲央 at 00:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

年の瀬ですね。

毎日、絶望的なことが数えきれない程あるけれど、たった一つでも奇跡みたいな嬉しいことがあればそれを頼りに頑張ろうと思えるもんだ。


嘘をつかれる、ということが大嫌いだ。

善意の嘘みたいな言葉があるけど、そんなものは存在しない。

虚で相手の想いや考えを何か別の方向に示唆している時点でその嘘に善意も糞もない嘘は嘘でしかない。

あの手この手でその嘘を真実にしていこうと必死な様を見ると、馬鹿だなぁと思う。

必死に塗り固めるくらいならいっそ、全てを打ち撒けた方が潔いし美しい。

どうせ誰かを傷つけるなら、そうやって傷つけた方がまだ公平性がある。

そしてその嘘に、一喜一憂してしまう自分が大嫌いだ。


俳優は嘘をついてそれを真実にする仕事だから、時々本当に大嫌いだ。


何か良いことが起こりますように。

posted by 玉置玲央 at 19:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする