2018年12月30日

年のせい

歳とって涙脆くなるってのは、別に涙腺が物理的に緩むからじゃない。

年齢を重ねて共感できるものの量が増えて、想像力が増して、思い出の既視感に色んなものが触れるから、だから感動して涙が出るんだと思う。

そしてそんなことはとっくのとうに誰もが気付いているということも知っている。


柿喰う客『美少年』を観ての話。



これからきっと色んなことが当たり前になって感動することにすら慣れて、立ち止まったり天を仰いだり足元を見なくなったり、身の回りの近いもの些細なことどんどんどんどん灯台下暗しになるのかもしれんけど、その都度いつも固まり始める思考と心をぐちゃぐちゃ揉み解して、なんでも抱きしめて許容できる人間で居たい。

この想いが届けって、諦めず意地汚く必死で情けなくてもいいから想い続けてきっと伝わると信じて、ボロボロに生きていきたい。


四六時中、帰る場所があるのだと思いを馳せられることを幸せだと思う。

四六時中、誰かに逢いたいと請い願えることを幸せだと思う。

それが届くかどうかは誰にも分からないけど、そうやって突き進めている自分のことを、少なくとも自分は好きだし肯定できる。


人を、ものを、ことを、疑う気持ちは一生消えない。

一度、痛い目を見たらそれがきちんと経験となってその後の人生を測れるくらいの道標になる。

猜疑心は恐怖ではなくて今自分がどこにいるのかを教えてくれる重要な感覚だ。

冷静に穏便に、でも迅速に『本当に知りたいこと』を騙し騙してそれでも核心に迫らなくてはいけない。

それが本当に難しいし心苦しい。


だとしたら。

自分で自分を肯定して。

正しいと思うことを正しく突き進むしかない。

同時に、その道中で取り零していく全てはもうその正しさの名の下に蹴散らすしかないのかも知れない。

灯台下暗しのその下にも明かりを当てて目を凝らして良く見据えて、そこに何かがあることをちゃんと認識してあげるだけで少しだけ、歩みの強さは変わるのかも知れないし。


演劇は、見過ごしてきた見落としてきた見ないようにしてきた足元にも道程にも全てにも須らく明かりを当ててくれている。

それの善し悪しを決めるのはやっぱり自分でしかなくて、何かと照らし合わせて比較して周りと歩調を合わせて判断するのはもうお終い。


誰かが奪い取ってくれる『何か』が自分にあることを誇りに思うべきだ。

誰かに奪い取られても生きていける『器』である自分を誇りに思うべきだ。


この世で誰かが自分を略奪すべく虎視眈々、それに思いを馳せて準備万端。

そういう愚かさだけで存在理由を慈しんでしまえ。

人は誰だって、安心材料をくれる誰かを欲しているのだから。



というのが、柿喰う客『美少年』を観た自分の感想。


劇団史上最高傑作を打ちかましてくれた中屋敷法仁、永島敬三、大村わたる、田中穂先、加藤ひろたかに

感謝。


だから我々劇団員たちは、行き過ぎているかもしれない愛情で支えています。



『ただそこにあるだけで幸せ』だと思える事象が好き。


帰ったらこれを食べようって思うことだったり、ふと見上げた夜空にオリオン座がクッキリしてたり、下北沢を疾走する笑顔の子供とか、思い遣りの傍に佇む愛情とか、バスが揺れること、お客様の破顔や、風呂に浸かりながら吸う煙草、お気に入りのカフェのお気に入りの席、遠いようで近いようでやっぱり遠い事実、シロップたっぷりのフレンチトースト、痛んだ髪に染み込む大切なシャンプーコンディショナー、そして圧倒的な夕焼け時間。


それらに想いを馳せるだけで幸せだ。



俺は滅多に怒らない。

怒りが頂点に達した時どうなるのか知らなかったけどようやく分かった。


諦める。


許容がないならもうお手上げなんだなと知る。



本年も大変お世話になりました。

また来年もよろしくお願いします。

全て芝居でなんとやら。


良いお年を。


写真は下北沢のお気に入りのコーヒーショップ。


2BD4C5EF-D422-44BE-A8C6-B8737A7A6542.jpg

posted by 玉置玲央 at 03:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

聖夜、思案

思い出せないことが少しずつ増えて来たのだけど、忘れたんじゃなくて深いところにしまっているだけで、ふとした瞬間にぶわーっと襲来しやがって恐いって瞬間、あるよね。



重ね重ねになりますが、舞台公演期間中や事務所に届くお手紙、プレゼントなど全て手元に届いております。

本当に活力になります。


皆さまの言葉、手紙という手段の労力、思い遣り。


手紙に関しては全て保管してあります。

キモいかもしれんけどたまに引っ張り出してきて読み返したりします。

皆さまからのお手紙を読み返すことで、あの公演の時はこうだったな、楽しかったな、大変だったなを、取り戻すことが出来るのです。


俳優業は『覚えること』が仕事のように感じられますが同時に『忘れること』も大事なようです。

なようです、と言うのは俺にはそれがあまりピンときてないからで、一度染み付いたものはなかなか忘れることは出来ないし冒頭に書いたように蓄積されて埋もれていくだけな気がしていて、本当の意味で忘れるってのはなかなか難しいんじゃないかな。

曰く、忘れないと新しい情報が入らないそうな。


厳密に言えばもちろん、ディテールは忘れているんですよ。

でも感覚や大いなる疑問や焦燥や、希望とか後悔とか強烈な部分はしっかり残っている。

そういうフワンフワンしたものをそのままにしておくと霧散してしまうから、どっかにしまっているんですな。


皆さまのお手紙はその保管庫?金庫?を開ける鍵です。

必要な時があるんですしまっているそれらが。


だから、ありがとうございます。



最寄駅の近くに立ち喰い蕎麦屋がある。

有名なチェーン店だ。


この店の店員さんの話。

は、一度置いといて。


学生街ということもあって道には大学の警備員さんが立っているし夜中の警察の巡回も多く、ツイッターにも書いたが良く職務質問をしていたりする。

つまり、公の人が多い街なのだけど。


どうにも俺はこの街で学生に間違えられる。

いやいやいや33歳のおっさんですよ?

若めの顔つきな自覚はあるけど大学生より10は上の俺を学生と間違えるのはどういうことなのかと、考えながら家路に着くことが侭ある。

なぜ学生に間違えられているのかが分かったかと言うと、この人たちには共通点があるからだ。


この人たちは基本、俺にタメ語なのだ。

相手はどんなに若い警察官でもせいぜい俺と同い年くらいに見受けられるし、警備をしている方々は50から60歳くらいの方々だ。

なのでタメ語になる理屈は分からなくはないが、いくら自分が歳上だろうとあまり関係の深くない、なんなら初対面の人に対してタメ語を使うという感覚は、俺は分からない。

つまり、侮られているという訳だ。

こいつにはタメ語でいいと、思われている訳だ。

加えて、俺の顔馴染みの警察官は俺が夜中にご飯食べに出歩くと『勉強の息抜き?頑張ってな!』と声を掛けてくる始末。


それはまぁいい。

言いたいことはただ一つ。


そういう人苦手


ということだ。


で、蕎麦屋の店員さんですよ。

この人も基本タメ語。

でもなぜか許せちゃうんですよねこの人の場合。

何故なのかがやっと分かりました。

この店員さんはいつもしっかりこちらの目を見てくれているんです。

そしていつもニコニコ対応してくれる。

食べ終わって食器下げたら『ありがとな!』ですよでも全然嫌じゃない。

意思の疎通がはかれてる、気がするから。


この『気がするから』って感覚は結構重要ですよ。

警察官や警備員の方たちは出会い頭、雰囲気を見ているんです目が全く合わない。

蕎麦屋の店員さんは人を見ているんです目が合う。

それだけで何か一つ疎通がはかれてる『気がする』もんなんですね。


そうなると完敗、学生に見られているのはこちらの努力不足と思わざるをえないんですな。


今、美少年という作品の手伝いで劇場に入り浸っていますけど、俺もかくありたい。

美少年が侮られたくないから、俺はお客様を客席で迎える身として皆さまの、雰囲気ではなく人をきちんと見て接しようと思う。

雰囲気と雰囲気を付き合わせてもフワフワしたものしか邂逅しない。

人と人のやりとりはやはり、有意義です。



悪いことばかりじゃあないんです。

若い役にキャスティングされたりしますから。

でも自分の振る舞い少し考えようと思う、クリスマスイブからクリスマスにかけての深夜、蕎麦屋からの帰り道に考えながら歩く33歳なのでした。



忘れよう。

posted by 玉置玲央 at 03:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

玉置玲央のヤリガイ 2018大忘年ワークショップ

お知らせです。


月イチ開催しております玉置玲央のワークショップ企画ヤリガイ。


大忘年ワークショップと題しまして一年の締めくくりを演劇で。


最後の最後まで演劇と一緒にいたい。


--------------------


玉置玲央のヤリガイ 2018大忘年ワークショップ


■参加資格

健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。

但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。

今現在、高校や大学で演劇を経験している方はご参加頂けます。

未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。

どうかご了承下さい。


■場所

都内某所

参加者の方にのみお知らせします。


■日時

2018年12月31日(月)13:00〜20:00

以上1コマ7時間


☆途中からの参加、早退のご相談もお受けします。


■参加費

4,000円


■定員

20名ほど


※お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。


■お申し込み

kasuguy.mail@gmail.com


タイトルに

【ヤリガイ 2018大忘年】


本文に

1.お名前(フリガナ)

2.年齢

3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)

4.備考


を明記の上送信して下さい。

こちらから追って詳細を返信させて頂きます。

定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。


※お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。

また、お手数ですがフリガナの明記をくれぐれもお願いします。


■内容

出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。


難しいことは考えず、2018年にヤリガイでやった全てをさらいます。

基礎的なことも身体もコミュニケーションもシアターゲームも全部。

とは言え、今まで参加したことがない方にも実りある内容にしますのでご安心を。


あと、僕の一人芝居『いまさらキスシーン』をやります。

それでどうにか皆様の演劇生活のお役に立てれば幸いです。


--------------------


このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。

あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。

演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。


今日も、誰かの為に演劇を。


もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。

ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。

宜しくお願いします。


玉置玲央

posted by 玉置玲央 at 17:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

新雪

ある人から言われた言葉がじっとりと張り付いていてここ5、6年はそればかりを考えていたし、自問自答して来た。

演劇に携わりながら。



『自分のお芝居は自分の為だけに使いたい』



俺は全く逆の思考回路だったので目から鱗が落ちる思いだった。

お芝居に携わる全ての人は、誰一人として自分の為にお芝居やっている人なんて居ないと、信じて疑ってなかった。


ずっと考えてる。


お芝居が好きという気持ちは変わらないのに、お芝居で袂を別つことになるのは悲しい。

その悲しさに多少の免疫はあるつもりでいたのだけど、ずぶりとそれが刺さって棘というよりはもう杭で、悲しい。


価値観を変えてくれる存在はいつだって尊い。

お芝居なんでやっているのかの理由の一つ、誰かがこの価値観をぶっ壊してくれるその快感を知っているからだ。

そこから新しい何かを取り込んで再構築して少しずつ馴染んでいく段階は、雪の日のまだ誰の足跡もついてない雪道を独り占めする時と同じくらい快感だ。

だから、自分が携わるお芝居を観に来て下さったお客様には同じ思いをしてもらいたい。


演劇で、演劇なんかで、たかが演劇で、人ひとりの人生がぶっ飛んでしまう狂う。

そんな体験をいつだってしたいしさせたいのだ。


でもこれは実は、誰のためにお芝居をやっていたとしても関係ない。

なぜなら答えを持っているのは発信する側じゃないからだ。

どんなに祈っても願っても尽力しても、判断は受け取ってくださる方に委ねられている。


だから演劇は平等だ。



ずぶりと杭になっているのはその可能性を感じているからだ。

受け取ってくださる方の反応が同じならばその過程は発信者に委ねられる訳で、そうなってくると恐らく、自分という存在は自分の為だけに費やした方が良いのだ。


なぜか。


この仕事は消耗が激しい。

何人もドロップアウトしていく人たちを見てきた。

死ぬその瞬間ギリギリまでお芝居を続けたい場合、その消耗を最小限に抑えるか、取り戻しながら続けられるような演劇生活を営まなきゃいつか潰れてしまうかもしれない。

それを避けるには、自分をきちんとケアして護って、自分。

自分に自分を費やすことを徹底しないと、簡単に潰れてしまう予感がしてきたからだ。


誰だって悲しい思いはしたくない。

棘ではなく杭なのは、簡単には抜けないからだ。


自分の中でぶっ壊れ再構築され馴染んでいってる価値観と共に、今になってその言葉の意味が良く分かる。


だから頭の片隅にずーっとある二律背反で。

人の為のお芝居。

自分の為のお芝居。



でもね、結論出ました。

あっさりと。


俺はもう徹底的に誰かの為にだけ生きることにしました。


なんでそういう結論に至ったかってのはまたいつか話せればいいなと思うけど、もう迷わないです。


見返りも労いもいらなくてもうただただ、自分の為に生きることは放棄して、演劇で、誰かの為に生きていきます。


裏切られたりボロ雑巾みたいになっても全然良い。

そう思えることに出会えたので。



という、宣言のブログでした。


小柳心に感化されて、やっぱりなるべくブログ更新しようってなった。


心くん、本当にありがとう。



否定したいんじゃなくて、こんなにも沢山の人に支えられて生きているのに、俺は俺のことだけ考えて生きていくのは無理です。


俺は俺の演劇で誰かを支え続けたい。

誰かに影響し続けたい。

誰かをぶっ壊したい。


誰かの新雪を踏みしめる、最初の一人に、なりたい。


なりたいのだ。


09DE2717-0C1B-42C6-8C87-54616054DD54.jpg

posted by 玉置玲央 at 21:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする