2019年08月17日

イマージン

芝居する上で、演劇を創る上で、めちゃくちゃ気を付けていることがある。


想像することを辞めない、ということ。



色んな育ち方の人がいる。

色んな年齢、性別、出自の人がいる。

演劇との距離感は人それぞれなので、必ずしも自分の正義が相手の正義とは限らない。

当たり前だ。


だから想像を巡らせる。

自分の言葉がとある誰かを傷つけていないか、自分にとって当然だからと言って誰かにとっては当然ではないことを強要していないか、誰かの正義を一方的に否定していないか。


これは物凄く難しくて、なぜなら人は自分が好きだったり愛しているものに伴う意見の対立や啀み合いを、簡単に『しょうがない』と思えてしまから。

だって自分は愛ゆえだもの、とかいうエゴ丸出しのよく分からん論理で、他者の存在をあっさり切り捨てる諦める知らん振りする。


いや、ちげーだろ。

だからこそ慈しみ合える尊重し合える余剰が、自分と他者との間に生まれるんだろ。

って俺は思う。



俺は、俺のファンだと言って下さる方皆様に何一つ強要したくない。

多少の要望とか、俺以外の方に迷惑になるようなことは控えてもらいたいとお願いすることはあっても、皆様を信用して、皆様と演劇との距離を信用して、強要しまいと努めています。

徹底できていなかったら申し訳ありません。


だから、ファンの方同士もできれば強要し合わないでもらいたい、否定し合わないでもらいたいと願っています。


絶対違うんですからあなたとは。

演劇との距離や愛情の質や日常の色めきが。

それを例えば、自分がこうだからこうすべきだと責めるのは辞めてほしい。


自分の発言でどっかの誰かが劇場に通うことを辞めている可能性、全然あります。

俺もです。

俺も誰かを傷付けたり失望させたり悲しませたりして観劇という趣味を奪っている可能性があるんです。

理想論だけど演劇に携わる全ての人が幸せになってもらいたいから、その為に日々、刻一刻と『想像』しているんです。

誰かのために。


でもその『誰かのために』も、圧倒的なエゴでしかないだろうから難しいです。

一緒に考えたい想像したい。



俺の大切な人が傷つくことを俺は耐えられません。

もし俺にファンという方がいて下さっているなら最初で最後のお願いです。


どうか豊かな想像力をもって演劇と携わっていきましょう。


よろしくお願いします。



何があったって訳じゃない。

環境が変わってきていて、そんなことを雑感として思うのです。


でも俺は、変わりたくない。

玉置玲央でい続けたい。

posted by 玉置玲央 at 21:44| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

玉置玲央のヤリガイ Vol.42

お知らせです。


月イチ開催しております玉置玲央のワークショップ企画ヤリガイ。


暑い夏こそ身体を使います。


--------------------


玉置玲央のヤリガイVol.42


■参加資格

健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。

但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。

今現在、高校や大学で演劇を経験している方はご参加頂けます。

未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。

どうかご了承下さい。


■場所

都内某所

参加者の方にのみお知らせします。


■日時

20198月14日(水)17:0022:00

以上1コマ5時間


途中からの参加、早退のご相談もお受けします。


■参加費

3,000


■定員

15名ほど


お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。


■お申し込み

kasuguy.mail@gmail.com


タイトルに

【ヤリガイ42受講】


本文に

1.お名前(フリガナ)

2.年齢

3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)

4.備考


を明記の上送信して下さい。

こちらから追って詳細を返信させて頂きます。

定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。


お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。

また、お手数ですがフリガナの明記をくれぐれもお願いします。


■内容

出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。


前回に引き続き、身体性に特化したダンサブルな内容になります。

シアターゲームで関係性を解した後、グループワークで簡単な創作をします。

それを全体で共有し、どういう風景が見えるのか創れるのか探ります。


--------------------


このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。

あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。

演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。


今日も、誰かの為に演劇を。


もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。

ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。

宜しくお願いします。


玉置玲央

posted by 玉置玲央 at 16:51| Comment(0) | WS情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする