2019年01月15日

きもち

表現者がみんな、曝け出すことに長けているのかっつったら意外とそうでもない、の巻。

そしてギャップ萌え、の巻。



ワークショップでも現場でもたまに取材とかでも言っているけど、俳優業はドMな仕事だと思う。


応え続けたり吐き出し続けたり集中し続けたり受け取り続けたり渡し続けたり貯め続けたり。

自分がやりたいようにやってハイ終わり!じゃないから楽しい。

楽しいのだけど多分、消耗も激しい。

その消耗すらも楽しいと思えたらきっと物凄い楽で、そうなれればどんな役もどんな現場もどんな作品も乗り越えていける。


この永久サイクルを求めている節がある。



特に自分の周りに多いけど、こういう表現活動している人ほど人見知りな方が多い。

というか、人見知りだから演劇やってるんだと思う。

他者になることを突き詰めて、繋がることを試み続けて、何か違う自分になりたいと足掻きまくっているんじゃないかな。


そういう人の爆発力は凄い。

舞台上で百獣の王のように叫び駆けずり回り、縦横無尽に発散したりするから舌を巻く。

でもそれはあくまで舞台上だけでの話で、舞台から降りた途端に礼儀正しく伏し目がちでボソボソ喋り、常に周りを気に掛けて目立たないように目立たないように過ごしていたりして、好き。

男女問わず、そのギャップにグッとくる。


俺はこれ、ギャップ萌だと思ってる。

違います?



まだ視てらっしゃらない方もいるだろうから詳しくは書けないけど、最近色んなところで『日常も高宮みたいな人だと思ってました』と言われる。


日常もあんな人だったら俺、大問題です。


なんのこっちゃな方は『教誨師』を、どうか視てやって下さい。



いつもは現実と非現実の境目が曖昧で、その温みと緩みにクラクラしていたのだけど、今はそこがはっきりしていて狼狽える。

本当にあったことなんだろうか、と馬鹿みたいに夢想する。

そんなことがこの歳になってもまだあるなんて思ってもなかったから。


言葉を主な武器として闘っているけど、言葉ほど伝わらない武器はないなって絶望している。

言葉以上に伝える手段が欲しい。


この抱えている尖った感覚を、貴様に伝えたいのだ。



引き続きブログお引越し計画を画策中。

その節はこちらでアナウンスしますね。


8E7C5ED2-1564-45FA-8630-6357157CF294.jpg



posted by 玉置玲央 at 02:55| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観る方も同じく役作りをされた俳優さんの印象で先入観が出来上がります…。
なので役に入り込んで演技をする姿しか知らないから、メイソンを知る人と高宮を知る人が同じブログの文章を読んでもかなり違う印象になってしまうのでは…。
何かを伝えようとされる時、表情を見ながら声のトーンで感情を知り、発した言葉を受けとるのであれば大丈夫なのですが、文章を一方的に読むのであれば先入観がかなり影響します。
ある方のブログには『現場は自撮りしてInstagramにあげる場所ではない』と書かれた方もいましたが、現場や控え室で役作りをしていない素の姿を見れるのは、私は嬉しいですし、色々な面で知るきっかけとなるのでは?と思います。
Posted by ガマロ at 2019年01月15日 14:06
お芝居の稽古は素人には計り知れない世界観や努力があるのでしょうね!
カメレオン俳優さん達に毎度あっけに取られています!
私のギャップ萌えは、俳優さん達がバラエティーに出られた際の雰囲気です^^
意外と早口なんだ!とか、関西弁だったんだ!というように発見できるのが楽しいです!
Posted by chim at 2019年01月15日 21:20
ここに玲央さんのギャップ萌えにやられた人いてます(笑)

私も日常の中ですが言葉で伝えるのって難しいなってずっと思ってました。
でも言葉以外で伝わってくるものの方が真実だったり心に響くことが多く感じる気がします。お芝居もその辺をみるのが好きなタイプみたいです。
スロウハイツの神様のこの写真めっちゃ大好きです。再演で大阪公演あってとっても嬉しいです!目撃しに行きますね!
Posted by 芍薬 at 2019年01月17日 05:10
玉置さん、はじめまして。

わたしは普段テレビを見ないのですが
最近、ドラマ「相棒」 を見まして
玉置さんを 知りました。

すべてを知ったうえで。想うストーリーに
玉置さんの存在に そのセリフには語られていない
何か を幾重にも感じさせられて、涙がでました。

わたしは「ほめ日記」という日記を毎日
書いて自分をほめています。その中で

玉置さんという俳優さんに心を揺さぶられたこと
見つけたことを ほめ日記に書いて ほめました。

教誨師、わたしも劇場で必ず観ます。
渋谷になるかもしれませんが。

わたしも ギャップ萌えしたい!
お芝居にも行きますね(^−^)

夜深い時間に 失礼しました。


Posted by サザン香 at 2019年01月31日 03:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。