i n f o r m a t i o n
リンク 開催情報
玉置玲央のワークショップ2013秋【10月14日更新】

リンク 出演情報
SEMINAR セミナー【10月14日更新】

リンク DVD情報
舞台「こどもの一生」絶賛発売中【10月14日更新】

2017年01月23日

虚仮威

柿喰う客『虚仮威』の公演が全て終了した。

終わらない、と思っていた時間が終わり、何とも複雑な気分だ。

終わらない演劇など無いのに。



『役とお別れをする』という時間はいつだって寂しくて堪らんのだが、柿喰う客の公演そしてその役となると、寂しさは途轍もないものとなる。

思えばこの作品、一太郎という役は、俺にとって『別れ』の役だった。


大千穐楽の一分一秒、一太郎が俺から剥がれていこうとする逃げ出そうとする旅立とうとする。

終わりだサヨナラだお疲れ様と呼び掛ける。

いやいや待ってくれあと何分でいい何秒でいい、俺と一緒に居てくれと、必死こいて抱き締めながらの大千穐楽だった。

別れとはつまり死だ。

森羅万象全てのものが向かうのは死で、一太郎は特にその死に向かっての速度があまりにも速かった。

で、それはどうしてかというと俺が、心の片隅で一太郎に早く死んでくれと願っていたからだと思う。

その癖こっちのエゴで行くなまだだと引き止めていたのだから、一太郎にとっては訳解らん事態だったろう。

ごめん一太郎。


舞台上、大正の登場人物が一人一人はけていく。

最後、親父殿とお袋様が俺を残してはけていくあの空間は、別れと死以外の何でもない。

親父殿の言う『やがてこの一族はバラバラになる』という言葉は、俺にとっては死ぬことを伝えてくれている。

真実を伝え女として生きるという俺の意志、俺の生き方は、どう足掻いても親父殿の死を回避させれない。

お前は女だと言ってくれた親父殿は、愛して止まないあの親父殿は、俺を置いて先に死ぬのだ。

圧倒的別れが、虚仮威には漂っている。

だからこそ、あの一族の末裔が現代を生き、そして『女になる』ことを選択した所以なんだと思う。

彼女が実際、どこまで女なのかは解らない。

でも、孕み産むことを獲得しようするその姿は美しい筈で、つまり圧倒的死があれば圧倒的生が滲み出る筈なんだよ。

『別れる』ということは『生きる』ということ。


生命を営むということが、虚仮威と一太郎の全てでした。



稽古を含めると2ヶ月くらい、一太郎と一緒に過ごしたのだけど、俺も最初は一太郎が女だということは知らなかったお客様方と一緒だ。

女だと解った瞬間から、まず何より精一杯考えたのは、どうやったら生理が来るかということだ何を言っとるんだ俺は。

生物学上ね、生理は来ません俺は男だから。

でもこれは演劇なので、目に見えないものをみせなくてはならないので、とにかく血を、見せることを躍起になってやっていました。


柿喰う客の舞台で女役を仰せつかるということ。


三重か仙台か東京か忘れたが、終演後に中屋敷が言うのです。

やっぱり玲央君は女役だよ。

と。


柿喰う客が劇団化する前、今から10年くらい前かな?『とりあえずナマで!』という企画公演で初めて俺は女役を仰せつかった。

ある架空の国の女王役。

最後は毒物呑んで憤死するのだけど。


そこから『サバンナの掟』の純江。

産むこと、母なる存在になること、世界平和に憧れる女子高生。

最後は頭撃ち抜かれて死ぬのだけど。


『いまさらキスシーン』の三御堂島ひより。

生命を疾る女子高生。

彼女の生死は定かじゃない。


上げたらキリがないけど、都度都度、中屋敷は俺に女役を与えてくれる。

きっと、凄く大切なことなんだと思うそれって自分で言っちゃうけど。

虚構性の極み、性別を超えることを許される世界それが演劇、それが柿喰う客。



この記事を更新したら、俺は一太郎とちゃんとお別れします。

月並みですが、彼女と過ごした日々は忘れません。


もう、何も無い。


さようなら。

posted by 玉置玲央 at 00:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

年の瀬ですね。

毎日、絶望的なことが数えきれない程あるけれど、たった一つでも奇跡みたいな嬉しいことがあればそれを頼りに頑張ろうと思えるもんだ。


嘘をつかれる、ということが大嫌いだ。

善意の嘘みたいな言葉があるけど、そんなものは存在しない。

虚で相手の想いや考えを何か別の方向に示唆している時点でその嘘に善意も糞もない嘘は嘘でしかない。

あの手この手でその嘘を真実にしていこうと必死な様を見ると、馬鹿だなぁと思う。

必死に塗り固めるくらいならいっそ、全てを打ち撒けた方が潔いし美しい。

どうせ誰かを傷つけるなら、そうやって傷つけた方がまだ公平性がある。

そしてその嘘に、一喜一憂してしまう自分が大嫌いだ。


俳優は嘘をついてそれを真実にする仕事だから、時々本当に大嫌いだ。


何か良いことが起こりますように。

posted by 玉置玲央 at 19:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

SABOTEN『百獣の王』という曲が好き

■1011日(火)

秋の匂いがする。

また愛かの稽古での京都滞在を思い出す。

少し風邪気味かもしれない。


■1012日(水)

秋深まる。

喉が少し痛い。


大阪だというのに、共演させて頂くエキストラの方々から『柿喰う客のファンです』と声を掛けて頂ける。


今は、心の底からこの言葉がありがたい。

嬉しくて堪らない。


東京に戻る。


■1013日(木)

授業2回目。

相模大野は寒い。

プロントでの一服は自分が『教員』になったことを強烈に印象づけてくれる。


■1014日(金)

オフ。

15日の大阪入りが無くなったのでのんびり過ごす。


新宿に繰り出し、ヨドバシで腕時計の電池交換、無印良品で付箋のケースを買い、世界堂で文具を漁り、MOTHER12に手を出す。


■1027日(木)

朝は神奈川総合産業高校で授業。

『季節が僕たちを過ぎ去ったあとに』の稽古。

後に葉丸あすかとラーメン喰らってカッフェーへ。


子供達の無邪気さと、広田さんやアマヤドリメンバーの心の広さと、そして葉丸あすかの愛に本当に感謝。


■1028日(金)

引き続き『季節が僕たちを過ぎ去ったあとに』の稽古。

広田さんと語らう。

後、ブルゾンを買う。


近所の蕎麦屋で

信州そばとカツ丼のセット

トマトサラダ

あん肝

ゲソワタのホイル焼き

を喰らう。


これでもまだ足りない。

育ち盛りの子供か俺は。


酒呑みでもないのに、アテになるものが好きである。


■1029日(土)

来阪。

コピーフェイスの三次スケジュール。


心配していたシーン、上手くいったようで良かった。

やっぱり、スタッフさんとの信頼関係と総合力だと思う。

佐藤隆太さんも言っていた。

愛情だ。


撮影後は矢柴さんと小須田さんとご飯。

幸せな時間。


■1030日(日)

お休み。

外は大阪マラソン。


新世界にあるスパワールドが好きだ。

天王寺で下車、一心寺の前を通り日本橋へ、1st2ndに顔を出しhigeさん、さおりちゃん、相内さん、かっこさんに会える。

自分で言う。

俺は一人じゃない。

で、スパワールドへ。

風呂は最高だとっぷり2時間弱過ごす。


ホテルの近くに戻って来て食事。


ほうれん草とベーコンのサラダ

茸と真鯛のアヒージョ

アンチョビのピザ


を喰らう。


これからホテルに戻って青森新聞の挿絵を描く。

絵を描くのは大好きだ。


■1031日(月)

午前中から『布に描けるペン』と『無地の巾着』と『ニット帽』を探して梅田、東梅田、西梅田を行ったり来たりする。


そしてロケ地へゴー。


日々、反省しかない。

映像の仕事は難しいけど、だからこそ超楽しい。

訳の解らんやりとりが出来た時は得も言われん。


■111日(火)

寒い大阪は。

夕方から撮影。

矢柴さんと小須田さんとの楽しいシーン。


小須田さんとは真田十勇士、朝日のような夕日をつれてと舞台でご一緒させて頂いておりまして、今回改めて、最高に尊敬出来る先輩だなと感服。


幸せな現場ですコピーフェイス。


撮影後はデラうまい粉物食べてご機嫌。


■112日(水)

お休みを頂いているので、三重まで小旅行。

柿喰う客をこっそり観に行きました。


柿喰う客撮影チームの竹崎先生と、カスガイの映像について作戦会議。


敬三と大阪の街へ。

ヘップの前で観劇三昧の三坂ちゃんと元劇団ぎゃ。のあやぱんと遭遇。


奇跡に乾杯。


こうやって素敵な日々が少しずつ積み重なれば、きっと大丈夫だ。


■112ex

朝、5:30くらいに飛び起きたんです。

カスガイの3rd connectの夢を観たから。

速攻で夢をメモ。


ああ。

ああ。


■113日(木)

今日もお休みにつき昼過ぎまで引きこもらせて頂く。

昼過ぎからはひたすら散歩。

6時間ほど歩いて食事。

梅田のお気に入りのイタリアンバルにて。


夜、ふと思い立って絵を描く。

大阪、独りの夜は長い。


■114日(金)

今日もお休み以下同文。

昼からモノモース打ち合わせ。

バリバリ話す。


『るつぼ』を大阪で観る贅沢。

ジョナサン、すげー。


今日も絵を描く。


■115日(土)

撮影が早まったので、思い切ってチェックアウト。

ドラマも大事だけど、季節が〜の台本もじっくり読みたい。


オーディションの案件文書を読む。


ツイッター再開。


今日の撮影は難しかった。

自分の顔は嫌いです。


東京に戻ります。

posted by 玉置玲央 at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

玉置玲央のヤリガイVol.18

お知らせです。

今月も開催致します月イチワークショップ企画ヤリガイ。

今回はいつもより少し短めの4時間。
コミュニケーションを主としたワークを多くやってきましたが、今回は身体を沢山使います。

--------------------

玉置玲央のヤリガイVol.18

■参加資格
健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。
但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。
未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。
どうかご了承下さい。

■場所
都内某所
参加者の方にのみお知らせします。

■日時
2016年9月14日(水)13:00〜17:00
以上1コマ4時間

※途中からの参加、早退のご相談もお受けします。

■参加費
2,000円

■定員
10名ほど

※お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。

■お申し込み
kasuguy.mail@gmail.com

タイトルに
【ヤリガイ18受講】

本文に
1.お名前(フリガナ)
2.年齢
3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)
4.備考

を明記の上送信して下さい。
こちらから追って詳細を返信させて頂きます。
定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。

※お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。
お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。

■内容
出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す事を目的としたワークショップです。
今回は主にエチュードをやります。
ただ、普通にエチュードをやっても愉しくないので、『言葉と身体』を駆使して観ている人間により沢山のモノを伝えるにはどうしたらいいのか、参加者の方と探ります。

■レポート
過去のワークショップのレポートです。
良かったら参考までにご覧下さい。

--------------------

このワークショップはそもそも、演劇を身近に感じて頂く為に開催しているものです。
あまり頑張らなくても、とてつもない覚悟が無くとも、良い意味で日常の近くに手軽に演劇を感じて頂けるようにと開催しております。
演劇を身近に、そして身近にあるからこそ大切に扱って、そうしてそれが誰かに大いなる影響を与えられたら、こんなに素敵な事は無いじゃない。

今日も、誰かの為に演劇を。

もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。
ヤリガイに、どうかお付き合い下さい。
宜しくお願いします。

玉置玲央
posted by 玉置玲央 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

殺人的なジョーク

音楽はいつだって何度だって必ず、必ず平等だから有難い愛しい残酷だ。
頭を金槌で横からぶん殴られるような衝撃が時には雨だれ石を穿つかってくらいの淑やかさで耳から流れ込んで来ちゃうもんだから、その雨だれは眼から涙に毛穴から脂汗に、ぶん殴られた衝撃はそのまま声に音に叫びに、なってしまうものだ。
そうして身から出た音や感情は、間違いなく音楽だ。
音楽は音楽を産み出す。
いつだってそうだだから有難い愛しい残酷だ。
残酷なのだ。


あなたの眼の前に今、大切にしてきた宝物、何でもいいが例えば愛しい人から頂いたアクセサリーか何かがあるとする。
それを先ず、良く想像してほしい。

その宝物を盗むでもなく、汚すでもなく、ただただ破壊しようとする存在がいるとしよう。
あなたならどうする?
破壊という事はつまり、もう二度と同じ姿のソレには出会えないという事だ。
この世から、消し去るべく、侵略してくる存在がいるのだどうする?
答えはひとつ、「排除する」だ。
大切なモノは守らなくてはいけないさもなくばあっさりと消え去るこの世から無くなる二度と手に入らなくなる。
あなたがどんな善行を積み重ねて来ても、誰かの事を想い祈り尽くして来ても、この平穏が永劫変わらず続きますようにと心底から願おうが、あなた以外の存在はそんな事は一ミリも知らない鑑みない思いやらないから、奪われるのですよあなたの意思とは全く関係ないところで、全く関係ない感情で。
その恐怖と隣り合わせで毎日を生きる事がもし出来たなら、つまり脅かされる危険を意識しながら感じながら一分一秒を生きられれば、毎日はきっとキラキラと輝き出す。
そして安穏を脅かす存在を排除するその覚悟が、生きる意味になるはず。
一挙手一投足を大切に思えるはず。

世の中は須く残酷なので、その残酷の海を泳ぐ覚悟と、些細な傷口にも染み入るその海の水に耐え得る魂を、泳ぎ切る肉体を、持ち合わせて生きようではないですか。

人は、最期には必ず一人。
慈しみ、尊び、前だけ向いて直向きに生きて行こうが一人になる時が必ず来るのだから、自分の人生の意味と価値は自分が先ずは勝ち取らなくてはいけない。
何でもいい。
金を稼ぐ、愛する人を見付ける、何かを生み出す、そしてそして、誰かに影響する。
何でもいいから生きる意味と価値を。
死ぬ価値を。
勝ち取れ。

一人であるという事は、一人じゃないから実感出来る。


お酒が飲めない。
が、そろそろ致命的になってきた。
演劇でお酒の味を表現しなければならない時、俺はそれが出来ない。
お酒の席での作法を表現しなければならない時、これは勉強したから多少は出来るが、心底の意味では体得していない。
具体的に言えば『お酒の席あるある』が、俺にはピンとこない事がある。
グラスの扱い方、テーブルクロスの使い方、瓶の所作、飲み方嗅ぎ方の『大衆性』を俺は知らない。
が、実はそれはどうとでもなる。
勉強と想像を、すれば良いのだ。
実際の経験に勝るものはないが演劇は想像力で補える部分があって、物凄い暴論になるけれど、勉強して想像して、結果お客様に真実として伝われば良いのだ。

じゃあ何が致命的かと言うと、演劇に携わった人なら誰もが想像に難くないであろう『お酒の席でのクリエイション』に参加出来ない事なのだ。

お酒の席でのクリエイション。
何の事はない、お酒の席で交わされる演劇に携わる話、稽古に関する話、誰かへの思いなどなどを、共有する事が出来ないのだ。
情報としては、後で何処かで聞けばそれで済む事なのだけど、良い意味での酔った勢いや、その瞬間の熱量や、酩酊状態故のその場の本音などは、計り知れないのです。

柿喰う客は酒が飲めない人が多いので、劇団員同士で飲みの席が催される事はあまり多くない。
新劇団員が入って飲める人が多くなったのでこの先どうなるかは解らないが、結果として飲みの席で演劇の話になる事があまり無かったように思う。
ただひたすらイチャコラした会話を繰り広げているだけだ。
それが俺には物凄く心地が良い。
柿喰う客という劇団の大好きな部分でもある。
演劇は稽古場と劇場にしか存在していない感じ。あくまで感じね実際は存在しているのだけど。

お酒は、大衆心理が動きやすい。
ある理由から、俺は人に迷惑をかける酔っ払いが大嫌いだ。
この理由は話すと長くなるのでいつか話すとして、酔っ払っているから、大衆心理が動いてまるで正義を勝ち取った風になっているからと言って、例えば誰かを傷付けて良い訳ではないし、誰かを悪にして良いとはならない。
自分の周りにたまたまそういう風潮が見受けられて、悲しくなる。

そして何より、酒の力を借りなければ何かを決断出来ない、という風にはなりたくない。


イヌの日が始まります。
一つ。
松居大吾が闘っている。
だから、大吾の為に俺も闘う。
posted by 玉置玲央 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

自分の知らない所、目の届かない所で、自分の力じゃ到底及ばない揺るぎない何かが動いていて、それがミシミシと音を立てて緩やかに状況を変えていくのが、本当に嫌だ。
絶対に介入出来ない場所で状況で、何も手出し出来ないまま、勝手に世界が変わっているなんて、そんな不公平な話があるか。


拒絶されたらお終いだ。
拒絶の裏で新たな芽が出ていて、宿り木みたいに蝕まれて、本来そこに咲いていた花をさておいて、新しい生命は大切だし尊いし物珍しいから寵愛されて、枯れていく。
花が枯れる。
そんなんは嫌だ。
でも何がしかを信じて、例えば言葉を鵜呑みにしてただただ堪え忍んでいても、結局痛い目見るだけなのだ。


何かが終わったら、その花たちはまた寵愛を受けれるのだろうか?
花は水を渇望し続けている。
咲きたいし咲かせたいし咲いていて欲しいし咲かせて上げたい。

野に咲く花の様に美しくありたいってぇのは強がりでしかない。

愛でられてこそ愛でてこそ、花。

愛でられている間が愛でている間が、花。


花よ、咲き誇れ。
posted by 玉置玲央 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

夢の終わり

久々に、プレ稽古から含めて三ヶ月、一つの作品に関わった。
何だか不思議な気分だ。


本当に色んな事を学んだ夢の劇という作品だが、一番特異点となり得るのは、森山開次さんとの出会いだ。

松本だけ、楽屋割りが違くて俺は何でか開次さんと同じ部屋だった。
そこで成された会話はその特異点の最たるもので、掻い摘んで言えば『許される存在』にならなければいけない、という話だ。
やはり表現者は最後はそこに至るのだなと。
そしてその意識は、踊りに捧げている人の方が強いように思う。

誰に許されるか、言うまでもない。


高校生の頃、学校のカリキュラムと、お付き合いしていた女性の趣向も手伝って、ダンスの世界に傾倒していった。
H.ART CHAOS、伊藤キム+輝く未来、コンドルズから始まり、パントマイムに興味を持ち水と油を知り、親父にこれを観ろ!と山海塾を勧められ、そこから大駱駝艦、大野一雄氏を知った。

身体が美しい

という事に、今思えば何か思うところがあったんだろう。
そんなダンス観漁り時代に出会ったのが、森山開次氏。

NHKの番組で、脚の甲を延ばす為に超無茶な事をしていたと話している姿を、未だにハッキリ覚えている。

何も無いところに無限の世界と感情と風景を、その身体一つで創り出す開次さんの姿にマジで惚れた。
俳優と一線を画すのは、その身体の美しさにある。
演劇思春期にそんなもん観てしまっていたから、未だに根底には『美しくなければいけない』みたいな使命感がある。
これは容姿や体躯もそうだけど、様式の美しさにも言える事だ。
腕が足が身体中が柔らかくしなやかに時にそれこそ刀みたいに動く。
憧れない訳が無い。

だから今回、出逢えて、そして踊らせて頂けた事を本当に有難く思う。

超スーパー烏滸がましいけれど、『許される存在』にちょっとだけ近づけたんじゃないかなと思って、帰りの新幹線で少し泣いた。

開次さん、本当に有難うございます。


amazarashiのアルバム『世界収束二一一六』に『吐きそうだ』という曲があって、その唄い出しが『生きる意味とは何だ』から始まるんですね。
それを考えると想うと聴くと、涙が止まらんくなる。

で、大阪でさっき村上誠基と会ってさ、あぁ俺の生きる意味はこれだって、思ったよ。

誰かの為に生きる。

それだけで良い。
それが良い。


という訳で柿喰う客フェスティバルモードへ。
アレクサンダー・クルックが、三御堂島ひよりが、君を突き刺す。


誰かの為に生きる。
必ず死ぬのが必死なら、俺は必ず生きる。

必生。
posted by 玉置玲央 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

VS

世界は本当に不公平だ。
足の引っ張り合いだ。
狡い事ばっかりだ。
そして同時にがっかりだ。


どんなに努力をしても、どんなに研鑽を重ねても、どんなに細心の注意を払っても、何にも考えてない欲望のままに生きる奴らがそれを掻っ攫っていく。
超スーパーウルトラポジティブマインドな自分としては、そういう奴はきっと何処かでバチが当たるし、その憂き目に遭った人は何処かで最高に幸せな事に出会えるって思ってる。
因果は巡る。
そう思える自分だけだったら。
自分が巻き込まれるだけだったらそう思えるけれど、でもこれが沢山の人を巻き込んでいるのなら、やっぱりそれは許されるべきではないんだな。

生きる上で、取り除けるリスクは取り除くべきだ。
誰かの為に生きれれば、それだけで色んな事に気付ける筈なのに。


松本の楽屋で、森山開次兄さんと『許される踊り手』の話をする。
これは『許される俳優』に通ずる話で、物凄く有難い話が聞けた。
やっぱり、森山開次兄さんは凄い。
完全無欠。
たまに電車の切符無くしたかと思って、あたふたしてる事あるけど。
完全無欠。

憧れはもう崇拝に近いものになりつつあるが、氏の孤高さはどこか居心地の良いものがあって、手を伸ばしたり触れても大丈夫なのだなぁと、直感的に感じる。
それが許されている。
誰に?
神に、だ。


岡田太郎から『いまさらキスシーン』の曲が届く。
脳汁がドバドバ出ている。


休まない。
休んだら血が青くなる。
ので、明日も演劇。

生きてていいなら生きてやる。
死んだ方がいいなら死んでやる。

そんな諦めにも似た前向きさで、レッツゴー。

posted by 玉置玲央 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

いづれ

朝、目が覚めた瞬間から、ジワジワと『あぁ、今日も本番なのだ』という柔らかな緊張感に包まれていくあの時間が好き。
周りが明るく開けていくような。
はたまた、どんよりと煙に包まれていくような。
ちょうど、水泳やっていた頃の試合の日の朝と同じ感じ。


こう寒いと、何を着て良いのか解らなくなりません?俺はなる。
着るものに基本好みは無く、あまり宜しくない考え方だが所詮は布、寒さ暑さを凌げれば何でも良いってのが正直な所。
なのだが、稽古着には拘りがある。
一体いつからかはもう記憶に無いのだが、稽古着は専らサルエルパンツ。
機動性、通気性に優れ、暑くなったら捲り上げられ寒くなったら足首まで保護出来る。
プラスアクトの対談で倫也も言っていたけれど、滾ってくるともうなんか知らんが服が邪魔になってきちゃうみたいなんですね。
そんな時にサルエルは便利。
ただやはり、自分が出ている芝居の性質上、消耗品かってくらいサルエルが朽ちていく悲しい悲しいああ悲しい。
カスガイメンバーに誕生日にもらったやつだけは、死守してやるのだ。
滾ってしまう方、サルエルお勧め。


iPhoneのメモに日々の雑感を書き留めていて、遡ったら2011年が一番古い。
そのメモの書き出しはこうだ。

ゼロでいる瞬間を沢山作る。
それによって芝居が生きる。

当時、河原雅彦さんに頂いた言葉を自分なりに解釈してしたためたメモ。
26歳の玉置玲央、31歳の玉置玲央、変わらないので安心した。


皆さんは、好きな台詞とかありますか?
好きな作品、好きな俳優、好きな演出家etcはパッと思いつくかも知らんが、好きな台詞。
出演したもので言えば、俺はやっぱり『朝日のような夕日をつれて』の冒頭と最後。
鴻上さんの衝動と滾りが感じられて、大好きだ。
生きる希望にすら繋がっているのは、つかこうへい氏のストリッパー物語『人は幸せになる為に生きている』だ。
これはストーリーありきな所もあるのだが、俺はこの台詞を『死ぬ人間に対して生きる人間には幸せになる義務がある』という言葉でもあると捉えている。


生きる人間はその生を、全うしなければならぬ。


天気、悪い。

posted by 玉置玲央 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

絵を描く事と文具について

小学生の頃、絵画教室に通っていた。
世田谷区を拠点に活動している、伊藤和子先生が俺の絵の師匠だ。
絵で、将来ご飯を食べていくのだと漠然と思っていたが、上には上がいてそんな人はゴロゴロで美大には行けなかった。
芸術に果ては無い。


デッサン、レタリング、水彩、油絵、アクリル、版画、平面から立体まで色々勉強させて頂いた。
先生は具象の作品より抽象の作品が多く、そこも大好きだった。
ああ、こんな事してしまって良いのか絵画に於いてルールなんて無いのだなぁと思えたのは、尊い。
具体的に言うと先生は、様々な紙に描いた抽象画をバラバラに切り刻み、改めてキャンバスにコラージュし、更に色を塗り重ねて一枚の絵を完成させるという手法を取っていた。
これが何でか不思議な魅力とエネルギーを持っていた。
なので俺も、抽象画にはまっていった。


高校生の頃になるとイラストを描くようになる。
当時は表参道のキディランドの前、路上で自分のイラストを売る方々が沢山いて、俺もそんな方々に混ざってイラストを売っていた。
キャラメルボックスの渡邊安理と、二人で行ったりもした懐かしい。
従兄弟が、これ面白いよと貸してくれたのが松本大洋氏の『花男』で、めちゃくちゃ影響を受けてずーっと模写していた。
そんな感じのイラストを描いては路上に並べていた。


中屋敷法仁がデーリー東北でコラムを書いている。
有難い事にその挿絵を描かせて頂いているのだが、小学生の頃から今に至るまでのそれらの経験が役に立っている。
絵を描くという事を、嫌いにならずに続けていて良かったなぁと強く思う。
絵は俺を嫌いかも知らんが、俺は絵が好きだ。


父が、中学生の時にステッドラーのシャープペンシルをくれた。
今で言う925 25シリーズの0.5mmのブラック。
今、黒は無いのだっけ?
その頃から俺はステッドラー党でミリペンも色々使い倒して結局ピグメントライナーに帰って来た。
水彩色鉛筆だけはファーバーカステルを使っているステッドラーごめんよ。

筆記具。
本当は、書ければ何でも良いべ?ってぶっきらぼうに笑い飛ばしたい所だが、やっぱり毎日使う物だし、特に台本などに書き込んだりする時にそのペンに愛着があると拘りがあると、台本も作品も演劇も、愛しいと思えるようになってくる。
毎日使うからこそ、そこに愛着と少しの幸福感があるだけで豊かになる。
俺にとってのその基準は、そのペンのデザインと書き心地である。


三菱鉛筆株式会社が出している油性ボールペン、ジェットストリームを皆さんはご存知ですか?
流行り物があまり好きでは無い自分はずーっと手を出さずにいたのだけど、柿喰う客の世迷言の稽古休憩時間に鉢嶺杏奈が急に文房具を皆に配りだして、その時に4&1をくれたのだ。
それ以来、油性ボールペンはジェットストリーム一択。


台本に書き込みをする際、人によって様々だがボールペンを使う人が多い気がする。
俺は変更があっても消せるように、シャーペンで書き込む。
昔は、台本を持ってポケットにシャーペン入れて柿喰う客の稽古やってると、シャーペンがぶっ飛んでぶっ壊れる事が多々あって、なので頑丈でペン先が収納出来るぺんてるのグラフギア1000を愛用していた。
今は専らシャーペンは置いて稽古をするようになったし、暴れ回る現場が少なくなったので、シャーペンをぶっ壊す事は無くなった。


そうなると文具好きの愛着求めとしては、心底愛せるシャーペンを求め始める訳だ。
それが昨日、ツイッターにも書いたロットリングの800の0.5mmに辿り着く。
悔しいが、重さ、握り心地、指に当たる感触、書き心地が最高なのだ。
そしてデザイン。
マットな黒にドスい赤でロゴが書かれていて、これがシンプルで素晴らしい。
ペンの上部を回すとキリキリキリ…という小さい音と共にペン先が繰り出されるその収納ギミックのインダストリアル感。
ああ…


いつかロットリングの800で、台本への書き込みも絵を描く事も、もっともっと愛せたらと思う次第である。


この話、文具好きじゃない人にはさっぱりだな。
今日も頑張ります。
posted by 玉置玲央 at 10:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

腹痛につき東横線途中下車現象

今日も夢の劇である。


いまさらキスシーン
中屋敷法仁が書いた一人芝居。
女子高生の3年間を30分で描いた破茶滅茶な話である。

いつだって、この作品をやる事ばかり考えて生きてきた。
今の自分ならどうアプローチするだろう、台詞はまだ揺蕩っているか、三御堂島ひよりならどうするだろう。
色んな現場で、色んなタイミングで、思いを馳せる事が一杯。

中屋敷曰く、この戯曲は玉置玲央へのラブレターなんだって。
ならこの作品は、俺からお客様へのラブレターだ。

お楽しみに。


同じ水準で、同じ風景を見られる人に出会えると、嬉しい。
一瞬でその場所に立って、年齢性別関係無く邂逅して、頑張ろうやなんて肩を叩いてくれた日にゃ、思わず嬉し泣きしちまうじゃねぇか。

何をしていても何処にいても誰かが必ずあなたを見てる100人いたら1人も興味が無いなんてこたぁ有り得ないだからその1人の為に、必死に生きても良いのですよ。


冬の隅田川の水面に映ったキラッキラの青い光が未だに忘れられん。
葦が生えた川っぱらで飲んだ一瞬で冷めていったホットコーヒーの味が忘れられん。

酒は飲めない。
甘いものが好きだ。
煙草は吸えるだけ吸う。

そんな有様ですが、宜しくお願い致します。


この間サシで加藤ひろたかとご飯を食べた。
ひろとほさきとまっきーとなつとゆりかとりおに、何がしてやれるかを考えなければ。
俺たちは共演者ではない劇団だ。
俺の不始末は彼らの不始末。
彼らの不始末は俺の不始末。
だって劇団だから。


ライチのDVD、間も無く。
楽しみ。


行ってきまーす。


posted by 玉置玲央 at 09:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

生命力

色んな事をやりたい。

絵を描いていたいし学校教育と演劇の関係について勉強したいし、唄も歌うし踊りもする。
そもそも好きだから、そういう事に節操無く手を出すのだけれどそれらの行き着く先は結局は演劇だ。
自分を取り巻く演劇をどれだけ有機的にするか。
そしてお客様に届く何かが、もっと尊く慈しめるものになれと、願って今日も節操無く生きるのである。


生きたくても生きれなかった人がいる。
身の周りに、幾人かいる。
俺は勝手にその人達から、頼んだぞと言われていると思って今日まで生きてきた。
その人達の為にも、死にたくないしなんとなくで生きたくない。
ちゃんと生きて、月並みだけどその人達が目にする事の無かった風景や、打ちのめされる筈だった感情や、何にも代え難い経験を、したい。


今日の天気はあまり良くない。
でも太陽だけは雲の隙間から照っていて、少しだけ救いだ。
東京は晴れている。
願わくばそちらも晴れていて欲しい。


開演の三時間前には劇場に入っていたい。
それから一時間、劇場のどこかロビーだか廊下だか誰の目にも触れない薄暗い場所で、アップをする。
音楽をかける爆音で。
大好きなNUMBER GIRLの大好きなOMOIDE IN MY HEADを爆音でかけるお気に入りのワイヤレスイヤホンでそれを聴く左膝の裏の筋肉と筋を解しながら。
だんだんクリアになっていく頭の中の思い出が遠ざかる、のであります。


夢の劇が終わると直ぐに、柿喰う客フェスティバルの稽古が始まる。
でもいまさらキスシーンの台詞は入ってる入ってるというより染み込んでいて離れていってない。
王子小劇場で初演を迎えたあの時の身体も心も未熟で悔しさばかりが募ったあの時と、老いたのか衰えたのか解らんが何かを得たり失ったりした今、今こそ立つ王子小劇場でどんな風景が見れるのか楽しみだ。


フランダースの負け犬は、中屋敷法仁の戯曲の中でトップクラスだ。
これと贋作・マクベスが、俺は好きだ。
皮肉と悪ノリと不謹慎さが、これらの戯曲には匂っている。
良し悪しかも知れないが要はそれをコントロールする事が、大事なんだ。


駅に着いた。
今日も本番やります。
posted by 玉置玲央 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

殺風景

世の中、自分の事しか考えてない人ばかりで、それはきっと当然の事で何故なら皆自分が愛しいから。
誰かを愛したら角が立って、その角に足の小指ぶつけて、悶えて、の繰り返し。
きっとそういう事が蔓延って、誰かを想うのが怖くなって今に至る。

人は一人では生きていけない。
人は幸せになる為に生きている。

でも、揺るぎ無い事実として、人は最期、死ぬ時は独りなのだ。
だから生きている今は、独りを拒絶して駆け抜けて行きたいものだ。

でも、世の中、角が立ちまくってるから走るのが怖い訳だ。

独りである事を渇望はしないけど、誰も信じないで、自分の為だけに生きる術とその価値を、見出す必要もあるかもなって、思う今日この頃。

孤独の大切さと強さと揺るぎなさを、知らなければならぬ。

そんな、真田十勇士千穐楽の朝さ。
posted by 玉置玲央 at 09:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

玉置玲央のワークショップ2014ちょっぴりコース/がっつりコース

再びお知らせです。

ワークショップを開催したばかりですが、更に開催します。
1日のみではありますが、午前中をちょっぴりコース、昼から夜までをがっつりコースと題しまして、丸1日皆様とあらゆることを共有出来たらと思っています。

--------------------

玉置玲央のワークショップ2014ちょっぴりコース/がっつりコース

■参加資格
ちょっぴりコース、がっつりコース共に健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。
但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。
飽くまでこのワークショップの目的は、「若手俳優の育成と交流、日本演劇界の土壌成形、舞台俳優の精神衛生の浄化と情報共有」を目的としております。
未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。
どうかご了承下さい。

■場所
都内某所
参加者の方にのみお知らせします。

■日時
2014年11月29日(土)

【ちょっぴりコース】
10:30〜13:30
【がっつりコース】
14:00〜17:30
18:00〜21:30

【ちょっぴりコース】1コマのみ3時間
【がっつりコース】1コマ3時間30分、計2コマ7時間

※【がっつりコース】は運営の都合上2コマ分けて表記していますが、原則2コマお受け出来る方のみを対象とさせて頂きます。
ご了承下さい。
また、【ちょっぴりコース】と【がっつりコース】両コースを受講頂くことも可能です。

■参加費
両コース共に1コマにつき2,000円
【がっつりコース】は計4,000円になります。

■定員
各コース共に10名程

※お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。

■お申し込み
kasuguy.mail@gmail.com

・タイトルに
【ちょっぴりコース受講】
または
【がっつりコース受講】
または
【両コース受講】

本文に
1.お名前(フリガナ)
2.年齢
3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)
4.参考までに、どんなワークショップを受けてみたいか
5.備考

を明記の上送信して下さい。
こちらから追って詳細を返信させて頂きます。
定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。

※お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。
お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。
また、【がっつりコース】お申し込みの方は、メールを頂いた時点で2コマ分のお申し込みとさせて頂きますので重々ご注意下さい。

■内容
【ちょっぴりコース】
このコースでは朝からのワークショップという状況を利用して、緩やかに身体、喉、そして頭を覚ます方法、手段をお伝えしていきます。
自身を覚ました後は、他人とのコミュニケーションを通して関係性を覚まします。
一日の演劇を、そしてこれからの演劇を、円滑に過ごす為のありとあらゆるウォーミングアップをするコースになります。

【がっつりコース】
このコースでは、他者との交流を通して発声法、身体の使い方、コミュニケーションの図り方などを、時間を掛けてお伝えしていきます。
7時間でひとつの座組みを創り、その座組みの中で自分はどう存在するか、共演者に対しどんなアプローチをとり何が産まれるか、そしてそれをお客様に伝えるということはどういうことなのかを一緒に探っていきます。
出来る限り長く演劇と過ごす為の、そしてプロフェッショナルな俳優を目指す為のコースになります。

--------------------

偉そうなことを謳っていますが、僕自身も答えなんて知りません。
重要なのは、皆様と出会って一緒に何かを探ることが、僕にとっての演劇の幸せなんです。
無限にある答えの内の一つとして、【幸せ】があってもいいじゃない。

もし万が一ご予定が空いておりましたら奮ってご参加下さいませ。
一緒に幸せになりましょう。

玉置玲央
posted by 玉置玲央 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

玉置玲央のワークショップ2014秋

お知らせです。

1年振りにワークショップを開催します。
この1年間で得た全てを、おこがましい事ですが皆様と共有出来たらと思っています。

--------------------

玉置玲央のワークショップ2014秋

■参加資格
健康で演劇が好きなら、年齢性別問わずどなたでも。
但し、俳優として舞台に立った経験のある方のみを対象とさせて頂きます。
飽くまでこのワークショップの目的は、「若手俳優の育成と交流、日本演劇界の土壌成形、舞台俳優の精神衛生の浄化と情報共有」を目的としております。
未経験の方は申し訳ありませんが受講頂けません。
どうかご了承下さい。

■場所
都内某所
参加者の方にのみお知らせします。

■日時
2014年11月19日(水)〜21日(金)

19日(水)18:30〜21:30
20日(木)18:30〜21:30
21日(金)18:30〜21:30

以上、1コマ3時間、計3コマ9時間

※全コマ通しで受けて頂かなくても大丈夫ですが、ワークショップの内容的に、通しで受けて頂いた方がより意図が伝わるかと思います。

■参加費
1コマにつき2,000円

■定員
1コマ10名程

※お申し込みの先着順にて、定員に達し次第締め切らせて頂きます。
また、3コマ通しでご参加頂ける方を優先的にご案内します。
ご了承下さい。

■お申し込み
kasuguy.mail@gmail.com

・タイトルに
【玉置玲央のワークショップ2014秋受講】

本文に
1.お名前(フリガナ)
2.年齢
3.連絡先(電話番号、メールアドレス共に)
4.参加希望日
5.参考までに、どんなワークショップを受けてみたいか
6.備考

を明記の上送信して下さい。
こちらから追って詳細を返信させて頂きます。
定員に達していた場合にも、ご連絡差し上げます。

※お申し込みの確認は、メールのタイトルを見て判別しています。
お手数をお掛けして申し訳ありませんが、どうかメールのタイトルをお間違えにならないようご協力をお願いします。

■内容
今回は「演劇で遊ぶ」ことを探ってみようと思います。

演劇に携わることの根幹には「楽しい」がある筈で、その楽しさって具体的に何なんだろうということを探ります。
演じること、人と関わること、何か価値観を手に入れること、楽しみの定義は人それぞれだとは思いますが、全部ひっくるめて「演劇は楽しい」のだということを、このワークショップを通じて一緒に再確認出来ればと思っています。
また今回は、基礎的な技術、例えば呼吸法や発声法、身体の使い方も併せてお伝え出来ればと思っています。

演劇に携わることは楽しい。
それだけで一生演劇続けられます。
先ずはそれでいいじゃない。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。

玉置玲央
posted by 玉置玲央 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

漏れる

寒くても不満。
暑くても不満。
人間って欺瞞。


焦燥感は最大の燃料である。
同時に、抑止剤でもある。

取り巻く環境や、状況や境遇や、悩みとか不安とかその全てに対して。
それらには恐らく比較対象があって、自分や他人、しかも今現在に限らず過去に遡ってまで比較して、あの頃を思えばとか、あの頃はあれだけやれたのだからとか、あいつはあんなに活躍しているのにとか、云々かんぬん考え、理由を求めて、意味をつけて、それでようやくそいつが、焦燥感という名のどす黒い靄だって事が解る。
たちが悪いのは、人間だから、前進や打開を探すし、取り払おうと必死になる。
その靄を、靄のままにして捨て置いておくという選択肢は、無い。
無い訳ではないが、暗中模索の海を、先行きも見通しもないまま泳ぎ続けるのは辛いから、だから、えいやあと、未来に進むべき道に火を灯す。
その火を頼りに、泳ぐ。
一寸先を光にして、安心を得る。
そういう時は決まって前しか見ず、安心の糸口を不安に思いながら、掴んで、それだけ見て見つめて、ないので、横を行くものがある事に気付かない。
横を行くものとは他人だ。

他人の存在に助けられて来た事なんて、普通に生きていれば数え切れない筈だ。
人は独りでは生きられないように出来ている。
誰かの為に生きたり、誰かのお陰で生きれたり、一寸先は闇、の更に先の光、の更に先に手を延ばした奴だけが多分、それを痛い程実感して独りじゃない事を知り、安心して、生きる。
で、何と言うか、その心地の良さに甘えるようになる。
真っ黒けっけの海でそんな存在を見つけたら、そりゃそうだ。

その心地の良さははっきり言って毒。

求めるものは増える。
経験や一時の感情や、何かを共有した、かのような錯覚による謎の自信や、何も揺さぶられなくなって心技体が揺さぶられなくなってだったらって勇気を出して決め付けた気持ちや思いや考えとか、なーんも根拠の無い沢山のもの達を拠り所にして、何でも良い、何か、をする、求めるようになる。
そこには祈りや願いが籠っている。
どうか届きますように。
どうか伝わりますように。
どうか。
どうかって。
そんで心地の良さは、そこん所の精査を損なわせる。
純粋な判断材料の下地に、もしくは上辺に、やっぱり靄だ。
すっかり忘れてた靄をぶちまけてぜーんぶ見えなくする。
他人の存在によって救われて、体重を掛けて暫くして、肩を透かされる。
他人に焦燥感を覚える。
負けたくない、刺激したい、助けたい、全ての逆も然り。
でもその傍には、そんな肩透かしが常に息を潜ませている。
という事を、生きて来て、知っているから、その焦燥感を、抑え込む。

焦燥感が人を奮起させ、同時に人の足を絡め取る。

勇気を出した行動、能動の果ての結果が散々だと、もう、救いようがないって、思わざるを得ない。


善と悪を決める。
自分の中で明確に。
それを指標にまぁ生きる。
または生きている間に形成される。
その指標はエゴイズムと紙一重で、どうにもあやふやなものだ。
自分の善と悪は、誰かにとっての悪と善で、自分の力以外、つまり外的要因でそれが歩み寄れない状況下にあると、絶望色が濃い。
そんな訳は先ず無いが、自分が呼吸をするという絶対善が、誰かの絶対悪だと解ったら、もう何にも出来ない。
呼吸をする事と同義で何かを貫いているそれ。
それが誰かの悪だとしたら、一体どうすれば良いというのか。
答えは簡単だ。
誰か、を、考えない事だ。
でもそれは同時に、人である事を手放しているのと同じだと思うから、そんな事はしたくないししてはならない。
人が人の手を取るその摩擦に何が産まれようと、それを尊いって事にして生きれば良い。
そしてそれが、世界と繋がるという事にしたい。
それだけを常にやり続ける仕事、それが演劇だ。
最高じゃねーか。
上等じゃねーか。
深夜の散歩でリセットして、また明日から足の裏をズタズタにして、歩いて行けばいいじゃないか。
別に誰かに迷惑かける訳じゃない。
筈だ。
多分。

死ぬほど一緒に生きてきて、死ぬほど共通言語を探ってきて、だから誰かの為に死んでも良いと思う。
でも、死んだところで結局理解は出来ない。
俺は誰かじゃないし誰かは俺じゃないもの。
死ぬほどの覚悟でも、理解はされない出来ない。

演劇に命を賭ける。
けど、その演劇というものが奪われるその時、つまり、恐らく生命を揺るがす事象を前に、その生命を賭けた繋がりは瓦解する。
神様は結局俺たちの言葉なんて聞いてないし、繋げてくれたのはきっと神様じゃないし。
演劇が奪われる。
繋がりが奪われる。
神様が奪われる。
神様に奪われる。
それでも演劇は、ある。
それでも演劇を、やる。

それは俺にとって絶望です。
愛が愛の様相を呈しているくせに、呈しているが故に、繋がれないまま演劇に命を賭けなきゃいけないなんて、絶望です。
誰かと居るのになぁなぁで、孤独を見ない振りして、解った振りをして、本当は理解出来ないって解っているのに、蓋をして、命を、賭け続ける事の絶望。

嘘をつき続ける仕事の、愛だけは嘘ではないと、思わせてくれよ馬鹿野郎。

人は最期、絶対に独りだ。
ぜっっっったいに独り。
絶対。

だから、誰かと分かち合っても、誰かと繋がっても、誰かを愛しても、どうにもならない。
んじゃないかって気がして、もういいやって、なる。
行ったり来たりの繰り返し。

焦燥、徘徊、結束、絶望。
焦燥、徘徊、結束、絶望。

どうやら死ぬまで、それの繰り返し。
折り合い、つく日は来るのだろうか。
神様、これだけは、どうにかしてくれ。
人に非らざる事、優れなくても、じゃあ、人でいる事だけは、死守させてくれ。


以上、カスガイ 3rd connect のメモでした。

お休みなさい。
posted by 玉置玲央 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

試験

どんなに短くても、ブログを更新しようと思いました。
posted by 玉置玲央 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

終幕

遅れ馳せながら。

カスガイ 2nd connect「バイト」
全21ステージが終わりました。

総動員数は2036名でした。
1st connect「リビング」の動員が900名弱だったので、4年間で2倍以上の動員になったという事です。
非常に嬉しい。
ご来場下さった全ての皆様、本当にありがとうございました。



今回は兎に角
人の繋がり
に助けられた公演でした。

先ず何より「"パート"ナー制度」がでかい。

これは、お客様ともっと色濃く繋がる方法は無いだろうかと赤羽ひろみと話し、うんうん唸りながら共に産んだ「発明」でした。

俺は、演劇に於いて演者とお客様という垣根を取っ払いたいと思っていて、同じ空間を共有する仲間、共同製作者、なんなら共犯者みたいになれないかなぁと思ってました。
そういう関係性があってもいいじゃないかって、思うんです。
観る
以外に、
創る
があっても良いじゃないか。

面白い演劇観てもらってそれで繋がるのは勿論なのだけど、その面白い演劇創る時点からもう繋がっちゃうっていう。
それの足掛かりというか、初期段階が「"パート"ナー制度」なんだと思います。

少し話は逸れるかもしれませんが。
そもそも日本国内に於いて、演劇って結局どうやって創られているのか、環境や状況や現状、それから創り手側の想いや叫びみたいなものが不明瞭な部分が多くて、その不明瞭さが演劇水準の向上を妨げているのではないかと考えるのです。
これは演劇に従事する人間の誰もが考え、思い悩みぶつかる部分だと思う。
「知らない」は一番思考を殺すし、「知らせない」は罪だ。
フランスやトルコに行ったり韓国の皆と話して解ったけど、日本の若い演劇人は自分や身の回りの事で精一杯になり過ぎているように思う。
自分の仕事、劇団の事、将来や今現在が勝り過ぎていて、周りや取り巻く環境まで目を向けれない。
と、俺は感じる。
本当に少しで良いから知ってもらおうとする、両手を広げる、場所も考えも開く、兎にも角にも自分以外を、もう少しだけ考えてみる見てみる。
それだけで結構世界は変わるはずなんです。

だから俺は"パート"ナー制度を産み出しました。
知らないを一つでも減らしたい。
ただただ人が集まって、「演劇って楽しいね」って、ほぼ初対面みたいな人達が、老いも若いも男女も関係なく言い合って、その「演劇」って事だけが絶対的にお互いを尊重出来る術として存在している世界が、俺は、好き。
演劇を知り、携わる人を知り、同じ境遇の他人を知り、そうやって演劇が、その人にとって唯一無二になれば良い。
尊いものになれば良い。
そしてその形は人それぞれで良くて、それが、そのキラキラが、明日の演劇を明るくする。
と、信じて疑ってない。

これがパートナー制度の今現在と未来だ。
あなた達はもう、演劇人だ。
お客様と俳優なんて線は糞喰らえだ。
そんなんあるから、自己主張やエゴイズムを正義と勘違いして大衆意見にしよう、押し上げようと、良く解らん活動する輩が現れる。
絶対、目的を見失ってはいけない。

あなたが何をすべきかじゃない。
あなたに何が出来るかだ。

あなたがあなたの為に出来る事など、知らん。
それはあなたでしかないしあなただけで出来る。

あなたが誰かの為に出来る事を、知りたい。
誰かの為にと発信するならば、それは必ず目に触れるはずなのだ。

知らないんだから知るべきだ。
じゃなきゃ、何も語れない。

これは、未来永劫いつまでたっても変わらない。

演劇に従事する全ての人間にとって演劇とは、他人の為にあるのだ。

そんな世界だよ。
ここは。
きっと。

いらっしゃい。



人の繋がりの話をもう少しだけ。

初めて俺が俳優で大阪に行ったのが「いまさらキスシーン」の初演なので2008年とかなのかな。
それから、柿喰う客本隊が大阪に行ったのが「恋人としては無理」で、それが2009年とかの事?
はっきり覚えていない。
初めて山崎彬と出会ったのはこの時。

色々あったんです。
本当に。
でも今、演劇という事を元に、誰も彼もとお話出来る、繋がれるのが本当に嬉しい。
「恋人としては無理」の仕込みやバラしで、精華小劇場の喫煙所で、お手伝いに来て下さっていた現地のスタッフさんと話した事とかすっげぇ尊い。
in→dependent theatre 2ndに初めて行って、当時は二階の楽屋前に当たり付きの自販機があって、何の気なしに缶コーヒー買ったら当たっちゃって、片岡の百萬両兄さんが話し掛けて来てくれたりとか、絶対忘れない。
現地で俺が仕込みバラし手伝ったりした時のガチャガチャした感じ。
やいのやいの。
そんで柿喰う客が大阪行く度に仕込みバラしに来て下さったり。
in→depeodentの1stで仕込みしてる時、相内さんがゲラゲラ笑ってくれてたり。
近藤のヒデシ兄さんがびっくりドンキー連れてってくれたり。
緒方の晋兄さんが頭おかしかったり。
大西のちーちゃんの一人芝居の脚本書いたり、それを上原日呂兄さんが演出してくれたり。
大塚宣幸と出会えた。
SUN!!と出会えた。
色々あった。

演劇で知らない人を知り、それが今なお繋がってお互いを助けたり切磋琢磨したり。
これは本当に超凄い。
大阪のパートナーさん方もそう。

だから俺は、カスガイで大阪に恩返ししたくて、大阪公演をやるのは絶対でした。
自分の団体で面白いもの創って、愛する人達を連れて、いつも言ってる「演劇で恩返し」したかったんです。

本当に助けられました。
東京は勿論、大阪では特に。
人の繋がりに。
大阪だけで600名以上の方に観て頂けて、これは間違いなくカスガイだけじゃ出来なかった。

本当に、本当にありがとうございました。

人間、やっぱり凄い。
演劇で、お返しします。



感じた事。

面白い
つまらない
という感想は良い。
全然良いのだ。

伝わらない
ってのが一番悲しかった。

演出の意図として当然、何もかもを真っ直ぐに出さないようにはしているけれど、伝えたい事、信じてる事、貫いてる事が、微塵も伝わらない時ってのが、本当に悲しかったなぁ今回。
だから未だ未だ精進します。
あと、伝えたい事を伝える為に技術や知恵を身に付けるのは大事ですが、俺は、環境を根刮ぎ変えようと思います。

柿喰う客の「無差別」やった時に、七味が「この作品が面白くないって人は、ご縁が無かったって事だよ」って言ってた。
これは表現者としてはもしかしたら言い訳や逃げの言葉なのかもしれんが、俺は超納得した。

今回の「バイト」をやって一番自分の中に起こった変化は、揺るぎない「運命」を迎え入れられた点。
物事には理由と、そこに至る事情と、それらを取り巻く環境や状況があって成り立っている。
それらが、留まらず常に動き、飛沫し、今現在を形創っている訳だ。
停滞は皆無。
だから、その瞬間瞬間の自分や場所や結果は「絶対」なのだ。
大いなる「何か」が働いて「そう」なっているのだ。

この芝居が観れた人はそういう運命。
この芝居が観れなかった人はそういう運命。
舞台上の流れや感情、関係性も運命。
伝わらないのも運命。
生きてるのも、演劇やってるのも、泣くのも笑うのも怒るのも、何もかも運命。
大いなる何かに導かれた結果なのだからそうだし、もうこれはしょうがないのだ。
そしてそれは、諦めろ、諦めるって事ではなくその運命を「受け入れる覚悟を決めろ」って事だ。

覚悟があれば、それが信じるべき道になる。
覚悟が全てを肯定する。
同時に、全てを否定する。

物事に「納得」を発生させる為に、覚悟を決めなくてはいけないのだ。
運命を受け入れる為に。
それが、それこそが、まず第一の環境改善。

妥協や譲歩は必要ない。
運命に対しての覚悟が必要。

そして言わずもがな、俺は演劇界を何とかしたい。
色々散々掲げているけれど、勿論、演劇という媒体の普及や従事者の充足とか考えてるけれど、俺が伝えたい事がきちんと伝わるような演劇界に、変える。
自分好みの世界を創りたいって事ではなくて、作品も環境も感じ方も関わる人間も、もっともっと多様性をはらめるような環境を創りたい。
これについては、いずれゆっくり。



カスガイの事。

先ずカスガイは、玉置玲央が主宰でやっている集団で、しかし方針として、集団の意思は俺には無い。
先述した運命に、全て委ねている。

何度でも言うが、カスガイは必ずしも演劇を創る団体ではない。
だから創った作品を愛して大切に思って下さるのは本当にありがたい。
が、団体に過剰に演劇の期待をかけられてしまうと、少しだけややこしくなる。

やりたい時にやりたい事をやれるだけやるので、コンスタントに公演を重ねるつもりは無いし、今後の作風や我々が何をやるか目指すかは我々も決めていない。
ただ、そういう団体があるんだなぁってくらいに思っていて頂ければ幸いです。

何が言いたいかって、悪い意味じゃなく、我々自体には価値が無く、飽くまで創り出す何かに価値があるんだって事です。



俺はどんなんなろうと、取り巻く人の数が膨大な数になろうとも、変わらん。
一人一人ときちんと繋がれる方法をずっと模索し続けるし実行していく。
その為に必要な事は全てやる。

近くで大切な仲間が泣いていたら、カスガイが救ってやる。
演劇に対する不満は、カスガイが払拭する。
誰かが誰かを思う事を、カスガイは後押しする。

「知らない」と「知らない」を結び付けて、最高に尊い瞬間を産み出してやる。

それが、人間集団カスガイ。



長くなりましたが、大P会も終わって、一応カスガイ2nd connect「バイト」が幕を降ろしたので、ようやく文章をまとめました。

長々書いたけど言いたい事は唯一つ。

おつかれ。
posted by 玉置玲央 at 11:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

眼鏡

人は、知らず知らずの内に生かされている。
それは、人間が影響を与え合って生きて行くように出来ているからで、そういう時に、あぁ、独りではないのだなと強く実感する。

別に、誰かの為に生きる必要なんて全くない。
必然性は皆無。
それでも、誰かの為に生きたり生きれたり、そうしようと思えるのは思うのは、自分の、誰かの、影響だ。
それが良い悪いじゃなく、どうしてもそうなってしまうのだ。
じゃあその原因は何だろうって考えたら、人は独りでは寂し過ぎるからだ。
独りで居る事は寂しいし、独りで何かが出来てしまう事も寂しい。
寂しさが人を突き動かして、人を独りにせず、それがえらい遠くまで伸びていって、自分を、誰かを生かすのだ。
もっと言ったら
生きていても良いんだ
って思わすのだ。

寂しさは人を生かす。
これは、カスガイ 1st connect「リビング」でも触れて来た命題。
独りでも、何かを成し遂げても、例えそれが何かを失う事でも、何かが誰かを生かす。
抗えない生命力。
の影に見え隠れする、寂しさという確かなものの話。
でございました。

人ってのはそうそう変わらんし、やっぱりどうしても独りでは生きていけない。
圧倒的な何かが俺を、君を、あなたを、生かしているって、信じて疑ってない。
その事実を、取り払いたい消し去りたい事実を、知らず知らずの内に心の拠り所にしてしまった人間たちの、醜くも美しい、情けなくて儚い、抗い。
そしてそれを超越して、唯一無二を貪る程に独りである事に絶望してしまう何か。
何かって言うか寂しさ。
を、俺は、愛しく思う。

今を明日を永劫先を生きる為に、見極め続けて、生きて行こうじゃないか。
それが、生命の燃焼ってやつで、そんな事を想起する演劇を、創りたいと思います。

簡単に言ったらね

生きたい。
って事さね。



カスガイ 2nd connect「バイト」では只今、"パート"ナー制度というものを導入し、躍起になって人と繋がっていってます。
公演を創るに当たり、創り手とお客様という関係性を取っ払う事は可能か、また、取っ払う事でどんな効果があるかを、知りたいという思いがむくむくで実現に至りました。
また、公演が始まるその瞬間、客席と舞台上という関係性になるその瞬間まで、出来る範囲で同じフィールドに居たいという思いもあります。
便宜上お客様という言葉を使いますが、もはやお客様は、芝居を観るという行為だけに留まらず、芝居を創るという行為に手を延ばせるのではないかと思ったのです。
まぁしかし、それは俺の結構エゴイスティックな考えでもあるので、つまり、観るもの観せてくれりゃ良いからそういうの要らんわって方も当然いらっしゃると思ので、お客様が選択出来るようにこの制度を取らせて頂きました。
実験的に。

ゴーチ・ブラザーズプレゼンツ「飛龍伝」の時、赤羽ひろみが仕掛けた居酒屋さんを半日貸し切ってのチケット販売及び交流イベントで、確信した事があって。
一つは、お客様は案外お客様同志で繋がりたがっているのかもしれんという事。
感想の交換や、好きな演劇の話、自身と演劇との関係性の相談などを、その日初対面の人たちが、何の気兼ねもなくお酒を飲みながら話している姿を見て、これこそが演劇の持つ力だなぁと実感した。
お客様同志の交流の場は、需要があるんじゃないかと思った。

二つ目は、それを俺がこの目で見ていたいという事。
演劇を介して人が繋がるというのは、さっきも書いたけどそれが演劇の力だし、凄く素敵な事だと思う。
その瞬間に、居合わせたい。
幸せが多発する瞬間に、立ち会いたいんだなぁと思った。

以上の事を全て成し得るのが今回の"パート"ナー制度だと思っていて。
お客様同志が繋がれて、観るだけでなく作品に「参加」して、それを産み出す人間がその場に居て全てが繋がって。
公演に関わる演劇家が一同に会し、今はまだ観るも演じるも関係なく作品に携われる場所を創りたい。
そんな思いが込められた企画でございます。

でまぁ長くなりましたが何が言いたいかと言うと、"パート"ナーの皆様、めちゃくちゃ働いて下さっていて本当にありがとうございますって話ですよ。
人の力を目に見えて実感できる媒体を利用してるもんですから、あんな事からこんな事までアナウンスして下さっていたり、カスガイという団体の根幹たる「繋がる」事を推し進めて下さっていたりと、本当に頭が下がる思いなんです。
ありがとうございます。

と、同時に。
しめしめって思ってます。
だって、俺は幸せだし、きっと携わって下さってる皆様幸せだし、公演の噂は伝播されるし、何もかもが、今のところ繋がっている。
出来るんだなぁこんな事って、自分でもびっくりしています。

情報の管理や、今後は"パート"ナー以外の方が疎外感感じないようにしないとなぁとか、特典と業務のバランスとか、こちらが気を付けなければならない事、注力しなきゃいかん事山積みなので、そこは気を遣いつつ頑張って行きます。
同時に、まだまだ未成熟な企画でございます。
我々も気付かない点や見落としている部分があるかもしれません。
それも含めてどうか皆様、お力添えの程、宜しくお願いします。



俺はただ、面白い事したい。
皆で。
posted by 玉置玲央 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

前歯

演劇に国境は無い。
と、明確に感じたのは今から5年前。
柿喰う客「恋人としては無理」をフランスで上演した時だ。
フランス、トルコ、イギリス、韓国etcから、老いも若いもごちゃ混ぜに様々な劇団がブザンソンという街に集った。
23、4歳の自分には贅沢過ぎる時間だった。
同時に俺は「日本の俳優」にならなければなと、思った。

それは未だ未だ狭い考え方なんだが、それでも当時感じていた自分の劇団での事とか、小劇場界でのあれやこれやは、瑣末に過ぎなかった。
言葉が通じない世界で演劇だけが共通言語として成り立ち、魂を揺さぶる人間、何かを伝える事に必死な人間がそこに居れるという、非現実を更に越えた超非現実。
それが日本国内で出来るのは当たり前で、そういう凄まじい事をやり続けて発信し続けて、刺激を与えなきゃと思った。
誰に?
自分に。
他人に。
世界に。
そしてそれが俺は、「日本の俳優」になるという事だと思って今まで生きてきている。
これからもそうだ。

文字通り日本の俳優として、世界に観られたい、観てもらいたいと、追い求めている。
それがひいては日本の演劇界に、役に立つと思っているからだ。

そう思えたのはブザンソンで、遠いヨーロッパの地で、ある国のある劇団に出会えたからだ。
魂と魂が邂逅する機会をくれたからだ。
彼らが。

だから俺はその恩を一生忘れない。
忘れず、大切に大切に、これから先もずーっと演劇やって生きていく。
それが俺のやるべきことだなぁって、思って。

全くもって演劇ってのは、非の打ち所がないくらい素晴らしい。

だから、ありがとう。
本当にありがとう。
posted by 玉置玲央 at 23:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする